【Chart insight of insight】2017年はガールズバンドが席巻する?! SHISHAMOとSilent Sirenに注目 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【Chart insight of insight】2017年はガールズバンドが席巻する?! SHISHAMOとSilent Sirenに注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【Chart insight of insight】2017年はガールズバンドが席巻する?! SHISHAMOとSilent Sirenに注目

【Chart insight of insight】2017年はガールズバンドが席巻する?! SHISHAMOとSilent Sirenに注目

 今年は女子ロックが主流になるのかも。そんな予感が沸き起こるのが、今週のチャートの結果ではないだろうか。スキマスイッチとコラボしたAnlyや、ロックフェスへの出演も増えてきたLiSAなどがトップ10にチャートインし、軽快なロックサウンドを聞かせてくれている。さらにその下には、これからの音楽シーンをさらに引っ掻き回していくであろうアーティストも控えており、音楽シーンが新たな展開を迎える気がするのだ。



 まず注目したいのは、11位にチャートインしたSHISHAMOの「明日も」(【表1】)。スリーピースでシンプルなロックンロール・サウンドを聴かせる彼女たちは、CDデビューから早くも丸5年になろうとしている。この曲は先日リリースされた4作目のアルバム『SHISHAMO 4』に収録されているリードトラック。アルバムのキャンペーンを盛んに行なっていることでラジオでのオンエア回数が急上昇したのが上位ランクインの決め手だ(緑のグラフ)。今月からは日本武道館を含む大規模なツアーもスタートするので、売り上げやメディアだけでなく総合的に盛り上がっていくのではないだろうか。



 もうひとつ挙げておきたいガールズ・バンドが、12位にチャートインしたSilent Sirenの「フジヤマディスコ」(【表2】)。全員が読者モデル出身ということで話題を呼んだ彼女たちも、CDデビューして5周年を迎えた。この曲はタイトル通りディスコビートをモチーフにしたアッパーでキャッチーなナンバーだが、これまで以上に彼女たちの超絶テクニックを見せつける楽曲になっている。こちらもセールスだけでなく、ラジオでのオンエア回数を稼いでいるのが勝因だろう(緑のグラフ)。これもコアファンだけではない支持層がいることを証明している。



 いずれも大規模なライブを行い、すでにブレイク済みのバンドではあるが、さらに大きなヒットを飛ばす土壌は十分作り上げている。彼女たちが今後どのような展開で一歩突き抜けるのか、楽しみに見守っていたい。text by 栗本斉


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい