『パッセンジャー』に生かされた“スター・ウォーズ”のテクニックとは!? 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『パッセンジャー』に生かされた“スター・ウォーズ”のテクニックとは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『パッセンジャー』に生かされた“スター・ウォーズ”のテクニックとは!?

『パッセンジャー』に生かされた“スター・ウォーズ”のテクニックとは!?

 ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットがW主演の映画『パッセンジャー』に、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で培われた編集テクニックが使用されていたことが明らかになった。


 2017年3月24日から公開のスペース・スペクタクル・ロマン『パッセンジャー』の編集を担当したのが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で【第88回アカデミー賞】にノミネートされたメリアン・ブランドンだ。作品によっては、編集者がまずファーストカットを作り、それを監督が見て追加、修正してゆくという方法がとられるが、ブランドンは「ファーストカットを見ないで、最初から一緒に編集作業にあたりましょう、とモルテン(・ティルドゥム)監督を説得したの。J.J.エイブラムスから教わった方法なのよ」と語り、全く別のアプローチ方法を採ったことと、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を監督したJ.J.との仕事で養ったテクニックであることを語った。


 そんなブランドンの編集を、本作のメガホンを握ったモルテン監督は「メリアンは素晴らしい仕事をしてくれた。ストーリーとキャラクターに焦点を当てなければいけないということを理解しているんだ。映画のスケールの大きさに集中するあまり、スト―リーを見失うという罠に陥ることが決してないんだ。彼女は素晴らしいストーリーテラーなんだよ!」と大絶賛。豪華宇宙船を舞台に、90年も早く目覚めてしまった男女の壮絶な愛と運命を描いた映画『パッセンジャー』は2017年3月24日より公開。



◎『パッセンジャー』予告編
https://youtu.be/8b3jJuyyiJA


◎作品情報
『パッセンジャー』
2017年3月24日(金)より全国ロードショー
監督:モルテン・ティルドゥム
出演:ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーンほか
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい