【ビルボード】EXILE THE SECOND、総合ALでも首位獲得 話題の洋楽作品が上位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】EXILE THE SECOND、総合ALでも首位獲得 話題の洋楽作品が上位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】EXILE THE SECOND、総合ALでも首位獲得 話題の洋楽作品が上位に

【ビルボード】EXILE THE SECOND、総合ALでも首位獲得 話題の洋楽作品が上位に

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”では、先週からトップ5がすべて入れ替わり、1位はEXILE THE SECONDの2ndアルバム『BORN TO BE WILD』となった。


 『BORN TO BE WILD』は、EXILE THE SECONDの本格始動後初のアルバム。CDセールスでは、今回の集計で唯一6万枚を超えてこの部門トップ。またダウンロード11位、ルックアップ10位のポイントも加算して総合でも首位を獲得した。CDセールスのポイントがメインになっているので、次週以降上位を維持するには、その他の指標でいかにポイントを積み上げるかにかかっている。


 2位は、人気アプリゲーム『Fate/Grand Order』のサントラ『Fate/Grand Order Original Soundtrack 1』。こちらもCDセールスが好調で50,733枚を売上げて2位、そしてルックアップでは『BORN TO BE WILD』を上回る5位に。PCでこの作品を楽しんでいる人が多くいることがわかる。


 3位と4位には洋楽タイトルが並ぶ。3位は、先週9位から6ランクアップした『ラ・ラ・ランド - オリジナル・サウンドトラック』。前回のポイントの倍以上を今回獲得しており、映画の公開から楽曲への注目度もじわじわと高くなっている。4位は、世界的ヒットになっているエド・シーランの新作『÷(ディバイド)』。両作ともダウンロードのポイントが原動力になっており、洋楽タイトルの特徴をいかしての上位チャートインとなった。


◎【Hot Albums】トップ10
1位『BORN TO BE WILD』EXILE THE SECOND
2位『Fate/Grand Order Original Soundtrack 1』芳賀敬太
3位『ラ・ラ・ランド - オリジナル・サウンドトラック』
4位『÷(ディバイド)』エド・シーラン
5位『「WE ARE X」オリジナル・サウンドトラック』X JAPAN
6位『アンコール』back number
7位『WAY OF GLORY』AAA
8位『Ambitions』ONE OK ROCK
9位『ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~』GReeeeN
10位『TROPICAL LOVE』電気グルーヴ


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい