マライア・キャリー「アイ・ドント feat.YG」、人気ラッパーとのトラップ・ソング(Song Review) 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マライア・キャリー「アイ・ドント feat.YG」、人気ラッパーとのトラップ・ソング(Song Review)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マライア・キャリー「アイ・ドント feat.YG」、人気ラッパーとのトラップ・ソング(Song Review)

マライア・キャリー「アイ・ドント feat.YG」、人気ラッパーとのトラップ・ソング(Song Review)

 女王、マライア・キャリーが始動した。2017年初のシングルは、カリフォルニア州出身の人気ラッパー、YGをフューチャリング・ゲストに迎えた、現在流行中のトラップ・ソング。マライアのシングルとしては、やや地味な印象を受けるが、現在チャートを賑わしているミーゴスの「バッド・アンド・ブージー」や、ビッグ・ショーンの「バウンス・バック」などを意識した、最新のヒップホップ・サウンドに仕上がっている。


 デジタル配信と共に2月3日から公開された「アイ・ドント」のミュージックビデオは、早くも1200万視聴回数(2017年2月17日現在)を記録している。この曲は、昨年10月に破局が報じられた、オーストラリアのメディア会社やカジノチェーンを経営し、“大富豪”として知られているジェームズ・パッカーについて歌ったものだと囁かれていて、ジェームス氏との結婚式で着る予定だったウエディングドレスを燃やすシーンが話題を呼んでいる。


 制作は、マライアとYG、「ユー・ノウ・ワッツ・アップ」(1999年)などのヒットで知られるベテランR&Bシンガーのドネル・ジョーンズ、そして、マライアの作品には欠かせない、ジャーメイン・デュプリが参加している。デュプリが手掛けた「オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー」(1995年)や、「ウィ・ビロング・トゥゲザー」(2005年)は、いずれも大ヒットを記録していて、この曲のヒットにも期待が高まる。また、「シェイク・イット・オフ」(2005年)や「ドント・フォゲット・アバウト・アス」(2006年)を手掛けた、ブライアン・マイケル・コックスの名前もクレジットされていて、マライアの他にも、アッシャーやメアリー・J. ブライジなど、人気アーティストのヒット曲を手掛けている。


 マライアと相性抜群のメンバーで固めた、新曲「アイ・ドント」。この曲が収録される予定の新作は、リリース日やタイトルなど発表されていないものの、自身のインスタグラムでダイエットの様子をアップしていることから、ニューアルバムの発売も近いのではないかと予想する。というのも、マライアは新作をリリースする前、プロモーション活動も兼ねてダイエットをするからだ。


 2016年は、破局報道や年末の口パク騒動など、ゴシップばかりだったマライアにとって、歌手としての華々しい復帰となるか。かつては“チャートの女王”と言われていただけに、「アイ・ドント」のチャートアクションにも注目が集まる。


Text:本家一成


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい