【ビルボード】back number『アンコール』が先週に引き続き首位、SUPER JUNIOR-KYUHYUNソロ作は4位デビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】back number『アンコール』が先週に引き続き首位、SUPER JUNIOR-KYUHYUNソロ作は4位デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】back number『アンコール』が先週に引き続き首位、SUPER JUNIOR-KYUHYUNソロ作は4位デビュー

【ビルボード】back number『アンコール』が先週に引き続き首位、SUPER JUNIOR-KYUHYUNソロ作は4位デビュー

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”は、 back numberの『アンコール』がトップをキープする結果となった。


 4度目のチャートトップを記録した『アンコール』は、CDセールス5位、ダウンロード3位、ルックアップ1位と各指標で高ポイントを獲得。セールスとダウンロードだけで見ると、3週連続2位をキープしているSuchmosの『THE KIDS』に4位、1位とそれぞれ抜かれているのだが、圧倒的なルックアップ獲得ポイントにより、今週も1位をゲットすることとなった。僅差で『THE KIDS』に次ぐ3位にチャートインしたGReeeeNの『ALL SINGLeeeeS~& New Beginning~』は、先週のルックアップ27位から大幅にジャンプアップして今週は7位という結果に。このまま好調をキープ出来れば、今後さらに順位を上げることも期待できる。


 総合4位に入ったのは、SUPER JUNIOR-KYUHYUNの日本初ソロアルバム『ONE VOICE』だ。通常盤に加え、SUPER JUNIORのライブ映像やミュージックビデオDVD付きなど計4種形態でリリースされた本作は、初週で23,686枚を売り上げ、セールス部門で1位に輝いている。しかし、ダウンロードとルックアップが振るわず、4位デビューという結果となっている。


◎【Hot Albums】トップ10
1位『アンコール』back number
2位『THE KIDS』Suchmos
3位『ALL SINGLeeeeS~& New Beginning~』GReeeeN
4位『ONE VOICE』SUPER JUNIOR-KYUHYUN
5位『Ambitions』ONE OK ROCK
6位『Pierrot Dancin'』GRANRODEO
7位『SUPERMAN』水曜日のカンパネラ
8位『Fantome』宇多田ヒカル
9位『SMAP 25 YEARS』SMAP
10位『Electric Island, Acoustic Sea』Tak Matsumoto & ダニエル・ホー


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい