アレサ・フランクリンが引退を表明 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アレサ・フランクリンが引退を表明

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アレサ・フランクリンが引退を表明

アレサ・フランクリンが引退を表明

 “ソウルの女王”アレサ・フランクリンがデトロイトのTV局WDIVローカル4とのインタビューで、「今年が最後の年になります」と話し、引退する意向を明らかにした。


 女性で初めて【ロックの殿堂】入りを果たした伝説的なシンガーであるアレサ・フランクリン。近くニュー・アルバムのレコーディングを開始し、それを9月にリリースした後に引退するつもりだという。


 新作のテーマは”デトロイト”で、全てオリジナル曲で構成。数曲はスティーヴィー・ワンダーがプロデュースし、彼女の地元デトロイトのスタジオでレコーディングされる予定だ。


 今年75歳になるフランクリンは、近頃健康上の問題と闘っていた。フランクリンは、「自分のキャリアが辿ってきた道と、現在の位置については非常に心豊かで満ち足りた気持ちです」と言いつつも、「大体気が済むと思いますが、だからと言って今後どこかへ行って全く何もしないつもりもありません。それも良くないでしょう」と、”月に1回程度、1年の半分くらい”のペースで公演をする用意もあると話している。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい