メッシも注目、ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーのコラボ曲がビルボード・ラテン・チャート1位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メッシも注目、ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーのコラボ曲がビルボード・ラテン・チャート1位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
メッシも注目、ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーのコラボ曲がビルボード・ラテン・チャート1位に

メッシも注目、ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーのコラボ曲がビルボード・ラテン・チャート1位に

 ラテン音楽界のスター、ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーによる最新シングル「デスパシート(DESPACITO)」が世界的な大ヒットを記録している。


 今週の米ビルボードのホット・ラテン・ソングとラテン・デジタル・ソングの両方でトップに立った「デスパシート(DESPACITO)」は、Spotifyのグローバルチャートで3位を記録し、史上もっとも高いランクを記録したスペイン語シングル曲になっている。さらにスペイン語圏17カ国のSpotifyとAppleのランキングで1位、そしてイタリア、ポルトガル、スイス、ルーマニアなど世界の多くの国でもトップ10に入るなど、スペイン語圏外でも多く聴かれている楽曲となっている。ミュージックビデオは公開から22日間で、Vevoビデオ再生記録2億ビューを達成という驚きの記録も叩きだしており、これはPSYの「Gentleman」、アデルの「ハロー」に次ぐ速さだ。


 ブームのきっかけは、サッカー選手のリオネル・メッシやダニエウ・アウベス、俳優のクリスチャン・デ・ラ・フエンテなどがこぞってこの曲のアレンジをソーシャルメディアにアップしたこと。ミュージックビデオには、元ミス・ユニバースのスレイカ・リベラが出演しており、注目を集めるポイントにもなっている。


 “Slowly(ゆっくりと)”という意味の曲名とは反対に、非常な速さでポップカルチャーの世界を塗り替えている本曲「デスパシート(DESPACITO)」の今後の記録更新に注目だ。



◎「デスパシート(DESPACITO)feat. ダディー・ヤンキー」ミュージックビデオ
https://youtu.be/kJQP7kiw5Fk


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい