【先ヨミ】SUPER JUNIOR-KYUHYUN日本初アルバムが1.7万セールスで現在トップ、2位はGRANRODEOの約2年半ぶりオリジナル・アルバム 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】SUPER JUNIOR-KYUHYUN日本初アルバムが1.7万セールスで現在トップ、2位はGRANRODEOの約2年半ぶりオリジナル・アルバム

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】SUPER JUNIOR-KYUHYUN日本初アルバムが1.7万セールスで現在トップ、2位はGRANRODEOの約2年半ぶりオリジナル・アルバム

【先ヨミ】SUPER JUNIOR-KYUHYUN日本初アルバムが1.7万セールスで現在トップ、2位はGRANRODEOの約2年半ぶりオリジナル・アルバム

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから、2017年2月6日~2月8日までの集計が明らかとなり、SUPER JUNIOR-KYUHYUN『ONE VOICE』が17,934枚を売り上げ、現在トップを走っている。


 本作は、SUPER JUNIORのメンバーであるKYUHYUNにとって日本初アルバムとなるもので、収録曲10曲のうち7曲が新曲となる。現在KYUHYUNは、北は北海道から南は福岡まで、全16公演を行うジャパン・ツアーの真っ最中であることから、今後の全国的なエリアでのセールス動向が気になるところ。


 現在2位の位置にいるのは、声優の谷山紀章とギタリストの飯塚昌明によるユニット、GRANRODEOの通算7枚目となるアルバム『Pierrot Dancin'』。オリジナル・アルバムとしては実に約2年半ぶりのリリースとなり、『黒子のバスケ』をはじめとした人気アニメ作品のタイアップ楽曲が4曲収録されている。


 3位のTak Matsumoto & Daniel Ho『Electric Island, Acoustic Sea』は、B'zの松本孝弘とハワイ出身ミュージシャンのダニエル・ホーがタッグを組んだ新ユニットによるコラボレーション作品。エレキギターを中心に、琴、三線、太鼓、ウクレレ、イプヘケ、スラックキーギターといった様々な伝統楽器の音色を楽しむことができるインストゥルメンタル・アルバムとなっている。


 2月13日付週間アルバム・セールス・チャートで3位だったGReeeeN『ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~』は、今回順位をひとつ落として4位に、そして同チャートで1位だったSuchmos『THE KIDS』が5位に収まる形となった。



◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2017年2月6日~2月8日までの集計)
1位『ONE VOICE』SUPER JUNIOR-KYUHYUN 17,934枚
2位『Pierrot Dancin'』GRANRODEO 8,780枚
3位『Electric Island, Acoustic Sea』Tak Matsumoto & Daniel Ho 7,520枚
4位『ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~』GReeeeN 6,460枚
5位『THE KIDS』Suchmos 5,055枚


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい