【ビルボード】星野源「恋」、UVERworldとA.B.C-Zを抑え、JAPAN HOT100総合首位返咲きでV11達成 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】星野源「恋」、UVERworldとA.B.C-Zを抑え、JAPAN HOT100総合首位返咲きでV11達成

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】星野源「恋」、UVERworldとA.B.C-Zを抑え、JAPAN HOT100総合首位返咲きでV11達成

【ビルボード】星野源「恋」、UVERworldとA.B.C-Zを抑え、JAPAN HOT100総合首位返咲きでV11達成

 全指標のポイントが減少傾向にあるとはいえ、ダウンロードとルックアップと動画再生で1位、ストリーミングで2位と、これら4指標によるポイントが微減に留まり、星野源「恋」がJAPAN HOT100総合首位に返り咲きを果たし、通算V11を達成した。シングル・セールスでは、UVERworld『一滴の影響』49,197枚、A.B.C-Z『Reboot!!!』48,084枚を売り上げ、「一滴の影響」はダウンロードでも2位と星野源「恋」に次ぐポイントを上げたが、動画再生でシングルでの獲得ポイントを覆された形だ。


 今年一層の躍進が期待される[Alexandros]「SNOW SOUND」は、ラジオ1位、セールス7位、ルックアップ5位など期待通りのポイントを上げたが、デジタル関連指標でのポイントに伸び悩み、総合4位に留まった。とはいえ、今回の結果がデジタル領域に影響を与えることは確実で、次週以降のチャート・アクションに注目だ。


 今週のJAPAN HOT100から、ストリーミング・サービスのデータ提供先として『Google Play Music』が加わった。ちなみに前週のストリーミングは、1位グリーンボーイズ「声」2位星野源「恋」3位欅坂46「サイレントマジョリテイー」で、今週もトップ3は変わらなかった。今後もビルボードでは、ストリーミングやダウンロードなどのデジタル関連だけではなく、他指標でもデータの網羅性向上を目指していく。


◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「恋」星野源
2位「一滴の影響」UVERworld
3位「Reboot!!!」A.B.C-Z
4位「SNOW SOUND」[Alexandros]
5位「BEYOND THE STARLIGHT」城ヶ崎莉嘉(山本希望),緒方智絵里(大空直美),北条加蓮(渕上舞),川島瑞樹(東山奈央),大槻唯(山下七海)
6位「声」グリーンボーイズ
7位「ヒトリセカイ」10-FEET
8位「ヒカリノアトリエ」Mr.Children
9位「EXCITE」三浦大知
10位「さよならバイスタンダー」YUKI
11位「前前前世」RADWIMPS
12位「STAY TUNE」Suchmos
13位「サイレントマジョリティー」欅坂46
14位「Lightning」THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
15位「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」ピコ太郎
16位「トリセツ」西野カナ
17位「二人セゾン」欅坂46
18位「Beyond The Dream」THE IDOLM@STER SideM
19位「なぐりガキBEAT」関ジャニ∞[エイト]
20位「アイオクリ」The STROBOSCORP


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい