西本智実×高見沢俊彦、クラシックとロックの革新の舞台がいよいよ幕開け 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西本智実×高見沢俊彦、クラシックとロックの革新の舞台がいよいよ幕開け

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
西本智実×高見沢俊彦、クラシックとロックの革新の舞台がいよいよ幕開け

西本智実×高見沢俊彦、クラシックとロックの革新の舞台がいよいよ幕開け

 世界的指揮者 西本智実と、ロックギタリスト 高見沢俊彦。クラシック界とロック界の頂点に君臨する2人による革新の舞台、INNOVATION CLASSICS 2017がいよいよ開幕する。“音楽界の奇跡”と大きな話題となった昨年2月の初演を経て、今年はついに待望のTHE ALFEEの名曲もオーケストラ作品として披露。Aプログラムでは、「星空のディスタンス」「Masquerade Love」、Bプログラムでは「恋人達のペイヴメント」「Orionからの招待状」。そしてクラシック作品では、大作、ムソルグスキー組曲「展覧会の絵」、ピアソラ「リベルタンゴ」等を演奏。音楽ファンが熱狂する豪華プログラムが実現する。高見沢のダイナミックなギターと西本指揮によるイルミナートフィルハーモニーオーケストラの旋律と響きが想像を超えた音楽表現を生み出す。


 高見沢本人が「Innovation Classicsは、40余年の自分のキャリアの中でさらに新たな扉を開く鍵になる」と語る通り、クラシック音楽とロックのさらなる深化とともに、観る者全てに圧倒的な感動と驚きを導く舞台が出現するに違いない。チケットは2月11日、12日とも残席わずか。


 ヴァレンタインスペシャル・2月東京公演では、特製オペラグラスとイタリアンチョコレート、ホワイトデースペシャル・3月大阪公演は特製オペラグラス&キャンディが来場者全員にプレゼントされる。


◎公演情報
【INNOVATION CLASSICS 西本智実×高見沢俊彦~Valentine’s day Special~】
(東京)Bunkamuraオーチャードホール
2月11日(土)開場17:15 開演18:00(Aプログラム)
2月12日(日)開場15:15 開演16:00(Bプログラム)


【INNOVATION CLASSICS 西本智実×高見沢俊彦~White day Special~】
(大阪)・フェスティバルホール
3月11日(土)開場17:00 開演18:00(Aプログラム)
3月12日(日)開場15:00 開演16:00(Bプログラム)


指揮:西本智実
出演:高見沢俊彦(Guitar)
管弦楽:
<東京>イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
<大阪>兵庫芸術文化センター管弦楽団
BAND:Drums 吉田太郎/Keyboards ただすけ/Bass 大桃俊樹


<演奏曲>
アルフィー作品:
Aプログラム演奏曲:「星空のディスタンス」「Masquerade Love」
Bプログラム演奏曲:「恋人達のペイヴメント」「Orionからの招待状」
共通プログラム:
ムソルグスキー:ラヴェル編曲 組曲「展覧会の絵」
ヴィヴァルディ:「四季」より『夏』第3楽章
ピアソラ:「リベルタンゴ」 他(予定)
料金:12,000円(税込・全席指定)
※特製オペラグラス&スウィーツ、プログラム付


詳細:http://billboard-cc.com/classics/2017/01/innovation-classics-2017/


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい