ピーボ・ブライソン/石井竜也/大黒摩季などが次世代の子供たちにメッセージを届ける。【EARTH×HEARTLIVE 2017】が関西で初開催 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ピーボ・ブライソン/石井竜也/大黒摩季などが次世代の子供たちにメッセージを届ける。【EARTH×HEARTLIVE 2017】が関西で初開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ピーボ・ブライソン/石井竜也/大黒摩季などが次世代の子供たちにメッセージを届ける。【EARTH×HEARTLIVE 2017】が関西で初開催

ピーボ・ブライソン/石井竜也/大黒摩季などが次世代の子供たちにメッセージを届ける。【EARTH×HEARTLIVE 2017】が関西で初開催


2017年4月9日、奈良・東大寺にて【EARTH×HEARTLIVE 2017 for Children 大仏開眼1265年慶讃】が関西での初開催が発表され、出演者にピーボ・ブライソン、石井竜也、大黒摩季、小柳ゆき、賈鵬芳、野沢雅子、Earth×HeartSymphonic Orchestraが決定している。

 このイベントは、FM OSAKA、TOKYO FM、JFN全国38局のFMステーションが毎年4月に開催。1990年、地球環境問題がまだ顕在化する前に世界の若者に呼びかけてスタートした【アースデーコンサート】から続き、2011年3月11日、東日本大震災の発生を受け、環境問題に加え、かけがえのない地球と、地球に生きる生命(いのち)、そして人々の絆を謳うコンサートとして、27回の歴史を刻んできた。

 近年のグローバル化により、様々な社会問題が表面化し、“未来の宝である子供たち”も様々な問題を抱えています。この世界を次世代の子供たちに引き継いでいく中で、大人たちがその責任を担う活動は、“子供たちを支える家族の想い、生命の尊さを人類が共に考えなければならない”という大きなテーマに基づいており、2017年は、このメッセージを集約する【EARTH×HEARTLIVE 2017 for Children 大仏開眼1265年慶讃】と題し、関西で初めての開催が決まった。

 今回のライブ会場となる東大寺を建立した聖武天皇は、“人々が思いやりの心でつながり、こども達の命が次世代に輝くこと”を、“動物や植物も共に栄えること”も含めて願い、大仏の造立の詔を発し、“大仏開眼供養会”が行われた日(752年)である4月9日の実施となった。

 また、当日のライブの模様は、アースデーである4月22日(19:00~21:00)、JFN全国38局で放送予定のほか、オーディオネットワーク「TuneIn」などを通じ、全世界に向けてオンエア。また、BS-TBSでは特別番組の放送も決まっている。

◎イベント情報
【EARTH×HEARTLIVE 2017 for Children 大仏開眼1265年慶讃】
2017年4月9日(日) 18:00開場、19:00開演 ※雨天決行・荒天中止
奈良・東大寺 (〒630-8587 奈良県奈良市雑司町406-1)

出演者:ピーボ・ブライソン、石井竜也、大黒摩季、小柳ゆき
賈鵬芳(二胡)、野沢雅子(声優)、Earth×Heart Symphonic Orchestra

チケット:全席指定¥4,800
※入場料の一部は東大寺福祉事業団に寄附され、子どもたちの支援のために活用されます
(座席数:最大5,200席)

発売:2月3日(金)午前10時よリ発売開始。
ローソンチケット(Lコード:53937)
自動音声電話予約:0570-084-005(24時間対応)
オペレーター電話予約:0570-000-407(10:00~20:00)
インターネット予約:http://l-tike.com/

主催:FM OSAKA、TOKYO FM、JAPAN FM NETWORK、全国FM放送協議会EARTH×HEART LIVE 2017事務局
企画制作:FM OSAKA、イベントデック、株式会社クオラス
協賛:アクテリオンファーマシューティカルズジャパン株式会社他
後援:BS-TBS、FM三重、e-radio、Kiss FM KOBE、三重テレビ放送、奈良テレビ放送、KBS京都、びわ湖放送
特別協力:東大寺
問い合わせ:コンサート事務局03-6869-2014 (平日10:00~18:00)

◎番組情報
JFN38局での特別番組 4月22日(土)19時~21時放送予定
TuneIn他を通じ、全世界に向けてオンエア
BS-TBSでの事後特番を実施(ライブ音源、映像を放送)


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい