ポール・マッカートニー×コステロ共作楽曲の未発表デモが公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポール・マッカートニー×コステロ共作楽曲の未発表デモが公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ポール・マッカートニー×コステロ共作楽曲の未発表デモが公開

ポール・マッカートニー×コステロ共作楽曲の未発表デモが公開

 ポール・マッカートニーとエルヴィス・コステロとの共作・共演楽曲で、3月24日リリース予定の、『フラワーズ・イン・ザ・ダート』の再発盤に収録される「トゥエンティー・ファイン・フィンガーズ」の未発表デモが公開となった(https://youtu.be/WOCQIxv-Rqg)。

 ポール・マッカートニー80年代の最高傑作のひとつで、ブリット・アワード、グラミー賞にもノミネートされた『フラワーズ・イン・ザ・ダート』は、ポールがエルヴィス・コステロとタッグを組み、「マイ・ブレイヴ・フェイス」、「ユー・ウォント・ハー・トゥー」、「ケアレス・ラヴに気をつけて」、「ふりむかないで」といったアルバムの3分の1にもおよぶ曲を共作した作品。

 さらにプロデューサー陣にはミッチェル・フルーム、トレヴァー・ホーン、デイヴィッド・フォスター、スティーヴ・リプソン、エルヴィス・コステロ、そしてポール本人の名が連なっている。アルバムのハイライトのひとつとして「幸せなる結婚」にピンク・フロイドの伝説的ギタリスト、デヴィッド・ギルモアが参加していたり、「プット・イット・ゼア」ではジョージ・マーティンがストリング・アレンジメントを手掛けている。

 本作は、3月24日に再発され、3CD+DVD、2CD、LPの3つの形態で発売され、その中の3CD+DVDのデラックス・ボックス・セットには、未発表デモ、当時の未発表映像、ポールの手書きの歌詞やメモが書かれたノート、リンダ・マッカートニーによる『フラワーズ・イン・ザ・ダート』の展覧会のカタログ、112ページにもおよぶアルバム制作の舞台裏が書かれたハードカバー・ブックなどが入る予定となっている。


◎リリース情報
『フラワーズ・イン・ザ・ダート(デラックス・エディション)』
<3CD+DVD>※CDは日本盤のみSHM-CD仕様
UICY-78247/26,000円(tax out.)



『フラワーズ・イン・ザ・ダート(スペシャル・エディション)』
<2CD>※CDは日本盤のみSHM-CD仕様
UICY-78242~3/3,700円(tax out.)


LP『Flowers In The Dirt(輸入盤)』
<2LP>


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい