アラジンのモデルはトム・クルーズ!? “海に選ばれた少女”モアナのモデルは?

Billboard JAPAN

 ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』が2017年3月10日より公開されるが、ディズニー作品のキャラクターは意外な大物スターがモデルとなっていることをご存知だろうか。


 本作のジョン・マスカーとロン・クレメンツ監督の過去作『アラジン』の主人公アラジンは、見た目が超大物スターのトム・クルーズ、性格は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で知られるマイケル・J・フォックスがモデルと言われている。アラジンはスターの良いとこ取りをして誕生したイケメンキャラクターなのだ。また、同作のジーニーは、2014年に亡くなったコメディアン俳優、ロビー・ウィリアムズをモデルに描かれており、本人が同役の声優を務めている。


 さらに、同じく両監督が手がけた『リトル・マーメイド』のプリンセス・アリエルは“最も理想的なアメリカの女の子”として80年代に絶大な人気を誇った女優アリッサ・ミラノがモデルと言われている。


 『モアナと伝説の海』の製作陣は主人公モアナをティーンエイジャーらしく見せるため、英語版のモアナの声を担当したアウリィ・カルバーリョの仕草や表情、立ち振る舞いなどを参考にした。これまで『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルや『アナと雪の女王』のアナのキャラクター制作を担当してきたエイミー・スミードは「モアナをこれまでのどのキャラクターとも違う独特な存在にしたかった」と語り、モアナに誰もが共感できるようアウリィからリアルな10代の仕草や振る舞いを取り入れている。「アウリィが台詞を収録する時、必ずその様子を録画していたの。アウリィの眉や口など些細な動きから、表情豊かなジェスチャーまで、アニメーションに取り込むことができたわ」と彼女からたくさん影響を受けたようだ。


 【第89回アカデミー賞】の「長編アニメーション賞」と「主題歌賞」2部門にノミネートされている本作は、『アナと雪の女王』と同じくダブル受賞に期待がかかっている。



◎『モアナと伝説の海』主題歌「How Far I’ll Go」<英語歌ver.>
https://youtu.be/pnZbiKKydWU


◎公開情報
『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金)より、全国公開
監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
製作:オスナット・シューラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック