【コラム】米ヒップホップ界とホモフォビア~アイラヴマコーネンがカミングアウトしたことの意義

2017/01/31 15:50

 米ビルボードR&Bチャート1位をマークした「チューズデイ/Tuesday」で知られる米アトランタのシンガー/ヒップホップMCのアイラヴマコーネンが、現地時間2017年1月にTwitterを通じて自身がゲイであることをカミングアウトした。同時期にチャンス・ザ・ラッパーの弟、テイラー・ベネットもTwitterで自身がバイセクシャルであることを告白し、兄のチャンスが、「どんなことがあってもこの男を愛してる。彼は素晴らしい男に成長した。神と自分が彼の味方だから、彼にできないことはない、彼が打ち負かされることはない」とサポートの姿勢を示した。

あわせて読みたい

  • スティーヴ・アオキ、7月にニュー・アルバム発売決定

    スティーヴ・アオキ、7月にニュー・アルバム発売決定

    Billboard JAPAN

    6/16

    『カミングアウト』の筆者が語る その意義と不安

    『カミングアウト』の筆者が語る その意義と不安

    dot.

    5/1

  • 職場でLGBTをカミングアウト「絶望しか感じない」 30代当事者が語る現実

    職場でLGBTをカミングアウト「絶望しか感じない」 30代当事者が語る現実

    AERA

    5/5

    ゲイをカミングアウトしているネオン・トゥリーズのシンガー、モルモン教に物申す

    ゲイをカミングアウトしているネオン・トゥリーズのシンガー、モルモン教に物申す

    Billboard JAPAN

    5/2

  • まずは、ゲイの友だちをつくりなさい

    まずは、ゲイの友だちをつくりなさい

    週刊朝日

    6/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す