中田ヤスタカ×kz×tofubeats×banvox【YYY Vol.2】TeddyLoidも参加で大盛り上がりで幕 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中田ヤスタカ×kz×tofubeats×banvox【YYY Vol.2】TeddyLoidも参加で大盛り上がりで幕

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
中田ヤスタカ×kz×tofubeats×banvox【YYY Vol.2】TeddyLoidも参加で大盛り上がりで幕

中田ヤスタカ×kz×tofubeats×banvox【YYY Vol.2】TeddyLoidも参加で大盛り上がりで幕

 中田ヤスタカ(CAPSULE)、kz(livetune+)、tofubeats、banvoxの4名がレジデントを務める次世代型イベント【YYY (ワイワイワイ)】の2017年初回開催となる【YYY Vol.2】が、2017年1月28日に東京・新木場STUDIO COASTにて行われた。

【YYY Vol.2】ライブ写真


 実質3回目となる今回は、世界を舞台に活躍し、様々なミュージシャンの楽曲プロデュースを行ってきたTeddyLoidがfeaturing DJとして参加。さらに今回は“サンニブ”の愛称で親しまれる超人気古着店「サントニブンノイチ」と【YYY】のコラボレーショングッズも多数販売。会場はこれまでと同様、オープンから満員。彼らの人気の強さがうかがえる。


 まず最初にステージに登場したのはbanvox。自身のオリジナルソング「SUMMER」「New Style」「High And Grab」「Watch Me」「Occasion」などを惜しみなくプレイしたほか、Skrillex & Rick Ross「Purple Lamborghini」やOokay「Thief」をはじめとした、バウンスやダブステップ、トラップ、ヒップホップなどを彼の解釈で巧みに操り、彼の思うがままに会場を盛り上げた。また、この日は2017年にリリース予定の新曲を数多くプレイし、ファンには嬉しいセットとなった。VJには力強く繊細な独自の映像を武器とし、banvoxの専属DJとしてツアーにも同行しているyako、レーザーには特殊照明や独自に開発したプログラムを駆使して空間を支配し、全国各地からのオファーが殺到しているhuezのレーザーがステージに華を添える。


 そしてbanvoxの勢いをそのまま受け継いで、この日のfeaturing DJとして出演するTeddyLoidが登場。「Game Changers With 中田ヤスタカ(Capsule)」でステージを幅広く使って観客を煽り、CAPSULE「Feel Again (TeddyLoid Remix)」を披露。そしてTeddyLoid「Fly Away(Taku & TeddyLoid For the Club Edit)」が流れた瞬間にオーディエンスがTeddyLoidのロゴを模した三角形のハンドサインを掲げる一面も。後半は近年のトレンドであるベースミュージックをプレイ。話題のシンガー・DAOKO、女子高生ラッパー・ちゃんみな、banvoxらがコラボレーションに参加している「ダイスキ」ではbanvoxがステージに駆けつけ、さらにlivetune feat. 初音ミク「DECORATOR(TeddyLoid remix)」ではkz(livetune+)がステージに。Teddyloidのセットは彼のプロデューサーとしてのスキルを存分に発揮するセットになった。


 そして、3番手に登場したのはtofubeats。banvox、Teddyloidの作り出した一体感をさらに超えるべく、マイクで「まだまだ楽しめますか!?」とオーディエンスを煽りプレイしたのは、tofubeatsが昨年10月に発表した「SHOPPINGMALL」。その後、tofubeats「STAKEHOLDER」にKOHHの歌詞をマッシュアップした巧妙なエディットをプレイし、観客の視線は釘付けに。tofubeats「POSITIVE feat. Dream Ami」では手を上げて左右に振り、tofubeats「ディスコの神様 feat.藤井隆」では大合唱が起こるなど、オーディエンスはスローで気持ちの良い音楽に陶酔していた。最後はtofubeats「水星 feat,オノマトペ大臣」のイントロ部分をラップトップを駆使して演奏し、歓声を誘う。そして大合唱のままtofubeatsのライブは終了した。


 4番手はkz(livetune+)。序盤から自身プロデュースの初音ミクがボーカルを担当した楽曲をプレイ。kzが得意とする、フューチャーハウストラックであるDropgun「Nobody」に、kzとの交友が深いYunomiがRemixを手がけた花澤香菜「恋愛サーキュレーション Yunomi“Kawaii EDM”Remix」をマッシュアップし、ピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン(Hoaprox remix)」をプレイするなど、ファンの予想を良い意味で裏切り続けるセットで会場を沸かせる。中盤からさらに勢いを増し、Kill The Noise「FUK UR MGMT」やFlux Pavilion x NGHTMRE 「Feel Your Love feat. Jamie Lewis」などといったハードなトラックもプレイし、最新の音楽をフロアに提示していく。終盤は多幸感溢れるプログレッシブハウスでセットでセットを終え、フロアの全員とkzが一体となってジャンプした。


 そして、最後に登場したのは中田ヤスタカ。彼がステージに現れた瞬間、地響きのような叫び声が上がり、フロアの最前列から最後尾まで、全員が手を上げて中田ヤスタカを迎えた。まさに圧巻の存在感でオーディエンスを一気に飲み込み、中田ヤスタカがプロデュースするきゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」のサビの「いやほい」の歌詞で大合唱が起こる。自身のプロデュース曲の他にもGalantis & Hook N Sling「Love On Me(Galantis & Misha K VIP Mix)」をはじめとした最新のダンスミュージックを織り込み、彼だからこそできるセットでファンを魅了し続ける。そして、Perfumeの新曲「Tokyo Girl」や中田ヤスタカのソロ名義での最新曲でロンドンの歌姫Charli XCXを迎え、海外でも話題になった 「Crazy Crazy(feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)」をプレイし、中田ヤスタカの専属VJ 滝鉱平によってLEDモニターにこのイベントの前日に解禁されたばかりのMVが映し出された。また昨年大ヒットとなった「NANIMONO(feat. 米津玄師)」でも会場を沸かせ、中田ヤスタカのプロデューサーとしてのヒット曲の多さを改めて認識させた。最後はSMAP「SHAKE」にPerfume「チョコレイトディスコ」のという予想外のマッシュアップでステージを終了した。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい