【深ヨミ】欅坂46『二人セゾン』累計売上げ63万枚突破、リリースから万単位のセールスをキープ

2017/01/30 13:05

【深ヨミ】欅坂46『二人セゾン』累計売上げ63万枚突破、リリースから万単位のセールスをキープ
【深ヨミ】欅坂46『二人セゾン』累計売上げ63万枚突破、リリースから万単位のセールスをキープ

 1月30日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”では、2016年11月30日リリースの欅坂46『二人セゾン』が21,917枚を売上げて2位に入った。

 リリース初週に、508,479枚というビッグセールスをあげた欅坂46の3rdシングル『二人セゾン』。2週目以降も万単位を売上げ続けて、今回の集計で累計売り上げ枚数をついに632,928枚とした。先輩グループにあたる乃木坂46のシングルCDの売上げには届かないが、2016年にCDデビューした新人アイドルとしては驚異の数字と言える。今回は、SoundScan Japanのセールスデータから『二人セゾン』のこれまでのセールス動向を抽出。週別で並べると下記のようになる。
『二人セゾン』
1週目:508,479枚
2週目:27,849枚
3週目:22,672枚
4週目:12,522枚
5週目:13,126枚
6週目:12,913枚
7週目:13,450枚
8週目:21,917枚
 リリース初週には爆発的なセールスを誇るのは、AKB48グループや乃木坂46と同様。しかし前述の通り、リリース以降1万枚を下回ることはなく、8回目の集計では前週より売上げを伸ばして2万枚を超えた。この要因として、今回の集計期間中に握手会があったことが考えられるが、それを加味してもリリースから約2か月が経った作品が2万枚を売上げたのは驚きだ。

 なお、4月6日リリースの1stシングル『サイレントマジョリティー』の累計売上げ枚数は、430,716枚。8月10日リリースの2ndシングル『世界には愛しかない』は、470,472枚。『二人セゾン』の売上げがいかに伸びているのかがわかる。

あわせて読みたい

  • 【深ヨミ】欅坂46『不協和音』は過去最高の初週売上げ、今後どこまで伸びるのか?

    【深ヨミ】欅坂46『不協和音』は過去最高の初週売上げ、今後どこまで伸びるのか?

    Billboard JAPAN

    4/17

    【ビルボード】三浦大知『EXCITE』が24,769枚を売り上げ、ミスチルや風男塾を抑えシングル・セールス1位に

    【ビルボード】三浦大知『EXCITE』が24,769枚を売り上げ、ミスチルや風男塾を抑えシングル・セールス1位に

    Billboard JAPAN

    1/23

  • 【ビルボード】Hey! Say! JUMPが25万枚超を売り上げてシングル・セールス1位に

    【ビルボード】Hey! Say! JUMPが25万枚超を売り上げてシングル・セールス1位に

    Billboard JAPAN

    12/19

    【ビルボード】16年最終週は、NMB48『僕以外の誰か』が364,403枚を売り上げ独走でシングル・セールス1位に

    【ビルボード】16年最終週は、NMB48『僕以外の誰か』が364,403枚を売り上げ独走でシングル・セールス1位に

    Billboard JAPAN

    1/4

  • 【ビルボード】欅坂46が50万枚を超える売上枚数でシングル・セールス1位に

    【ビルボード】欅坂46が50万枚を超える売上枚数でシングル・セールス1位に

    Billboard JAPAN

    12/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す