【ビルボード】E-girls『E.G. CRAZY』、CDセールス好調で総合AL首位 ONE OK ROCKはDLで2週連続1位 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】E-girls『E.G. CRAZY』、CDセールス好調で総合AL首位 ONE OK ROCKはDLで2週連続1位

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】E-girls『E.G. CRAZY』、CDセールス好調で総合AL首位 ONE OK ROCKはDLで2週連続1位

【ビルボード】E-girls『E.G. CRAZY』、CDセールス好調で総合AL首位 ONE OK ROCKはDLで2週連続1位

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”は、E-girls『E.G. CRAZY』がCDセールスで稼いだポイントを原動力にして初登場1位を獲得した。


 『E.G. CRAZY』は、彼女たちが持つ“POP"と“COOL”な世界観を2枚組全24曲という大ボリュームで表現した作品。CDセールス1位が牽引する形で、ダウンロード6位、ルックアップ8位のポイントも加算されて総合首位に立った。次週以降、CDセールスは落ち着くと予想できるので、その他2指標が上位キープの鍵になるだろう。


 2位に入ったのは、連覇を狙っていたONE OK ROCK『Ambitions』。CDセールスはひと段落したがダウンロードでは先週同様断トツのポイントを稼いでおり、デジタル世代からの注目度はまだまだ高いと言える。さらにルックアップも高ポイントを上げており、今後もチャートを賑わす存在になるだろう。そして、先週22位から再びトップ10内に戻ってきたのがブルーノ・マーズ『24K・マジック』。先週、プロモーションのために来日し、『スッキリ!!』や『Mステ』に出演。その影響でダウンロードが急伸し、この部門3位に。より多くのユーザーに訴求できた結果がチャートにも表れている。


◎【Hot Albums】トップ10
1位『E.G. CRAZY』E-girls
2位『Ambitions』ONE OK ROCK
3位『アンコール』back number
4位『HUBBY GROOVE』INABA / SALAS
5位『TAECYEON SPECIAL ~Winter 一人~』TAECYEON (From 2PM)
6位『SMAP 25 YEARS』SMAP
7位『Fantome』宇多田ヒカル
8位『ペルソナ5 オリジナル・サウンドトラック』
9位『24K・マジック』ブルーノ・マーズ
10位『OLIVE』SKY-HI
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい