内山麿我 身体障害者アーティストオーディション開催! 目標は2020年の東京パラリンピック出演

2017/01/24 20:00

内山麿我 身体障害者アーティストオーディション開催! 目標は2020年の東京パラリンピック出演
内山麿我 身体障害者アーティストオーディション開催! 目標は2020年の東京パラリンピック出演

 浜崎あゆみの元バックダンサーとして知られる内山麿我が、身体的ハンディキャップを抱えた方限定で緊急オーディションを開催することを、自身のブログにて発表した(http://amba.to/2jXrxnF)。

 歌、ダンス、芝居、他特技なんでも可とのことで、1次審査の書類選考と、2次審査の実技、面談が行われる。まず第一の目標は2020年の東京パラリンピック出演。その後、アジア、ヨーロッパと世界進出を目指すという。

あわせて読みたい

  • 東京パラリンピックが閉幕へ いまだに事実関係がはっきりしないアーチェリー日本代表の辞退騒動

    東京パラリンピックが閉幕へ いまだに事実関係がはっきりしないアーチェリー日本代表の辞退騒動

    AERA

    9/5

    頂点を狙う水泳の山口尚秀「2人につながることができれば」 名前は高橋尚子と松井秀喜から

    頂点を狙う水泳の山口尚秀「2人につながることができれば」 名前は高橋尚子と松井秀喜から

    AERA

    8/29

  • 内山麿我 5歳年下の一般女性と結婚後、無事に女児出産「名前は愛音來と書いてアネラになりました」

    内山麿我 5歳年下の一般女性と結婚後、無事に女児出産「名前は愛音來と書いてアネラになりました」

    Billboard JAPAN

    10/15

    「人類進化の瞬間」? パラスポーツ写真家が注目するパラリンピック6選手

    「人類進化の瞬間」? パラスポーツ写真家が注目するパラリンピック6選手

    週刊朝日

    8/25

  • バドミントン選手 不正経理疑惑の“とばっちり”で現役引退危機に

    バドミントン選手 不正経理疑惑の“とばっちり”で現役引退危機に

    週刊朝日

    2/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す