トロイ・シヴァン、LGBTQの軌跡に焦点を当てた感動的なMVを公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トロイ・シヴァン、LGBTQの軌跡に焦点を当てた感動的なMVを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
トロイ・シヴァン、LGBTQの軌跡に焦点を当てた感動的なMVを公開

トロイ・シヴァン、LGBTQの軌跡に焦点を当てた感動的なMVを公開

 南アフリカ出身のオーストラリア人シンガー、トロイ・シヴァンが2015年のアルバム『ブルー・ネイバーフッド/Blue Neighbourhood』に収録されているポップ・バラード「ヘヴン feat.ベティ・フー」のミュージック・ビデオを公開した。


 このビデオは、アメリカで初めてゲイであると公表して当選した政治家、ハーヴェイ・ミルクや同性婚制度を求める抗議活動など、LGBTQコミュニティに影響を与えた歴史的人物や出来事のモンタージュが、シヴァンと顔が映らない男性が抱き合うシーンと交互に印象的なモノクロ映像で展開する。


 歌詞の意味を理解すると更に感動的だ。「Without losing a piece of me/How do I get to heaven?/Without changing a part of me/How do I get to heaven?」(自分の一部を失わずに/どうすれば天国へ行けるの?/自分の一部を変えずに/どうすれば天国に行けるの?)


 自分が作った中で一番重要であるとシヴァンが話しているこの曲のビデオがリリースされたタイミングも非常に意義深い。リリースの翌日、2017年1月20日にはドナルド・トランプ大統領とマイク・ペンス副大統領が誕生する。ペンス次期副大統領はインディアナ州知事時代に“宗教の自由法/religious freedom law”と呼ばれる、信仰の自由を盾に商店などが同性愛者を差別・排除することを認める法律に署名しており、一貫してLGBTQの人権に反対の立場を取り続けている。


 アメリカ人ではないものの、シヴァンはこれまでLGBTQの世界的な権利と平等を積極的に支持し続けている。



◎「Heaven」MV
https://youtu.be/8VNV__mV38s


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい