『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの死から1年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの死から1年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの死から1年

『1月18日はなんの日?』イーグルス、グレン・フライの死から1年

 1月18日は「ホテル・カリフォルニア」「ならず者(Desperado)」「テイク・イット・イージー」など、数々の名曲を生み出したアメリカを代表するロック・バンド、イーグルス創始者の一人であるグレン・フライの命日。


 ちょうど1年前の今日、67歳でこの世を去ったグレン・フライ。最後の来日となった2011年のツアーから5年後の訃報であった。病気療養中だったフライの体調を考慮し、ここ数年はイーグルスとしての活動はおこなっておらず、残念ながら彼の死をもって解散を表明。音楽史でもっとも成功を収めたロックバンドは“伝説”となった。


 イーグルスはこれまでに全米ビルボードNo.1アルバムを6枚(ベスト盤含む)、No.1シングルを5曲輩出しており、フライはそれらのソングライティングの多くに携わっている。また、ソロとしても成功を収めており、「ヒート・イズ・オン」「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」(ともに1985年)の2曲が全米ビルボード2位となる大ヒットを記録している。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい