映画『3月のライオン』後編主題歌は、藤原さくらによるスピッツ「春の歌」カヴァー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映画『3月のライオン』後編主題歌は、藤原さくらによるスピッツ「春の歌」カヴァー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
映画『3月のライオン』後編主題歌は、藤原さくらによるスピッツ「春の歌」カヴァー

映画『3月のライオン』後編主題歌は、藤原さくらによるスピッツ「春の歌」カヴァー

 羽海野チカ原作で、2017年3月から前後編にかけて公開される映画『3月のライオン』。その後編(4月22日ロードショー)の主題歌に、藤原さくらによるスピッツの名曲「春の歌」のカヴァーが起用されていることが分かった。

映画『3月のライオン』ポスター


 スピッツの「春の歌」は羽海野チカが『3月のライオン』連載構想時に、作品をイメージしながら聴いていたという原点とも言える曲。2017年の新たな息吹を感じるアレンジと藤原の天性のスモーキーヴォイスによるカヴァーで、物語の余韻とともに観る者を温かく包み込む。


 なお、3月18日に公開を控える前編は、ぼくのりりっくのぼうよみが主題歌を手掛けているのは既報の通り。


<藤原さくら コメント>
登場する人たちが、皆ひたすら人間らしく、愛おしい、「3月のライオン」。
原作がもともと大好きだったので主題歌のお話を頂き夢のような気持ちでした。
本作の原点にもなったというスピッツさんの「春の歌」に作品から受け取った
愛を込められて心から幸せに思います。


<羽海野チカ コメント>
「春の歌」という のどかなタイトルのこの曲を
まるで吠えるように歌うスピッツの草野さんの声を聴いた時
「3月のライオン」の最初の世界が生まれました


そして今、藤原さくらさんが歌う
「春の歌」を聴いた時
春の陽射しで青空を映した大きな隅田川の風景が浮かびました


戦っていたのは零たちだけではなく
女の子たちもみんな戦っていたのだと


そしてここからもまた明るく力強く歩いて行くのだと
そんな風に感じました


零くんや、この映画を観たみんなの事を
力強い春の中に着地させてくれる
そんな歌声をありがとう



◎公開情報
映画『3月のライオン』
【前編】2017年3月18日(土)/ 【後編】2017年4月22日(土)2部作・全国ロードショー
監督:大友啓史
原作:羽海野チカ『3月のライオン』(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 清原果耶 佐々木蔵之介 加瀬 亮 前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏 伊藤英明 豊川悦司
製作:『3月のライオン』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017 映画『3月のライオン』製作委員会


◎映画『3月のライオン』予告編
https://youtu.be/dxhQ_pGQcys


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい