【ビルボード】辻井伸行の『THE BEST』含む新旧アルバム4枚が一挙にチャートイン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】辻井伸行の『THE BEST』含む新旧アルバム4枚が一挙にチャートイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】辻井伸行の『THE BEST』含む新旧アルバム4枚が一挙にチャートイン

【ビルボード】辻井伸行の『THE BEST』含む新旧アルバム4枚が一挙にチャートイン

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、1位に『0歳からの育脳クラシック』、2位に村治佳織の『ラプソディー・ジャパン』、3位に反田恭平『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番バガニーニの主題による狂詩曲』がチャートインし、去年から続く人気タイトルが並ぶ結果となった。


 またこちらもチャートの常連、ピアニストの辻井伸行のアルバムが4枚一挙にチャートイン。年末年始、辻井のドキュメンタリーがBS朝日、BSフジで合計3本放送された影響であると思われる。お正月ということで新盤の出現がなく、今週のチャートは既に人気のタイトルが改めて存在感を示すものとなった。来週からのチャートの顔ぶれがどれだけ変化するのかに期待したい。text:yokano


◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『0歳からの育脳クラシック』
2位『ラプソディー・ジャパン』村治佳織
3位『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番バガニーニの主題による狂詩曲』反田恭平
4位『THE BEST』辻井伸行
5位『100曲クラシックベストが10枚3000円』
6位『月の光』冨田勲
7位『神様のカルテ~辻井伸行自作集』辻井伸行
8位『チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』中村紘子
9位『パッヘルベルのカノン~バロック名曲集』ユゲット・フェルナンデス
10位『"ClassicaLoid" presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.1』


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい