【Chart insight of insight】アルバム2枚がベスト5の快挙!名実ともにトップ・バンドに成長したRADWIMPS 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【Chart insight of insight】アルバム2枚がベスト5の快挙!名実ともにトップ・バンドに成長したRADWIMPS

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【Chart insight of insight】アルバム2枚がベスト5の快挙!名実ともにトップ・バンドに成長したRADWIMPS

【Chart insight of insight】アルバム2枚がベスト5の快挙!名実ともにトップ・バンドに成長したRADWIMPS

 新年最初のHot100を制したのは、またしても星野源。どこまで売れ続けるのか恐ろしくなるほどだが、同じくらいRADWIMPSの「前前前世」も長らく上位にチャートイン。彼らはいずれも2016年の顔といってもいいだろう。

 さらにいえば、RADWIMPSは映画『君の名は。』との相乗効果によるヒットでお茶の間にまで浸透したわけだが、このブレイクが本物である証拠に、11月に発表された新作アルバム『人間開花』も大ヒット中だ。12/5付で初登場1位となり、その後も上位をキープしながら1/9付のHot Albumsでは4位を記録している(【表1】)。本作は『君の名は。』のサウンドトラックと並行して作られた楽曲も含まれており、実際「前前前世」や「スパークル」のオリジナル・ヴァージョンも収められている。いわば、『君の名は。』を巧妙に先行プロモーションとして機能させたといえるだろう。結成して15年、メジャー・デビューして10年を迎えた実力派バンドが、粘り強く勝ち取ったヒットといえる。

 一方、その先行盤となった『君の名は。』のサウンドトラックは、1/9付で先週の8位から5位に再浮上(【表2】)。映画もロングラン上映中ということもあり、冬休みの動員効果の影響も大きいのだろう。ルックアップ(PCでの読み取り数)がまったくへこまないのは、レンタルの回転数も含め、グレーユーザへの訴求効果が高いからだ(オレンジのグラフ)。それにしても、9/5付で初登場1位を記録して以来、ベスト10内に居座り続けているというのは驚異的。これも先述の通り、一過性のヒットではなく、彼らの実力が高く評価された証拠だ。もともと演奏にも定評のあるバンドなので、ライヴも安泰。日本が誇るトップ・バンドとしての地位はしばらく揺るがなさそうだ。text by 栗本斉


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい