【ビルボード】RADWIMPS「前前前世」がアニメチャート首位に返り咲き 坂本真綾『FateGO』曲も急浮上 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】RADWIMPS「前前前世」がアニメチャート首位に返り咲き 坂本真綾『FateGO』曲も急浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】RADWIMPS「前前前世」がアニメチャート首位に返り咲き 坂本真綾『FateGO』曲も急浮上

【ビルボード】RADWIMPS「前前前世」がアニメチャート首位に返り咲き 坂本真綾『FateGO』曲も急浮上

 新年1週目のビルボードアニメチャート、1位はRADWIMPS「前前前世」となった。大晦日には紅白歌合戦、【COUNTDWOM JAPAN 16/17】にW出演。まさに“2016年の顔”といった貫禄を見せたバンドの新たな代表曲が、前回3位から再浮上した。ポイント構成ではラジオプレイ、デジタルセールス、Twitter、動画再生数の全てで1位を獲得。主題歌となった映画『君の名は。』はロング・ヒット状態となっており、2017年もチャートに君臨する一曲となりそうだ。


 先週1位のQUARTET NIGHT「God's S.T.A.R.」は2位に、先週2位のBUMP OF CHICKEN「アンサー」は3位にそれぞれ1つずつランクダウンした。フィジカル指標(1位)とTwitter(2位)が中心の前者に対して、デジタルセールス(2位)とラジオ(4位)が中心の後者と、僅差ながらお互いの得意領域が異なっているのが興味深い。


 初登場では、スマホゲーム『Fate/Grand Order』の主題歌となった坂本真綾「色彩」に注目。2015年1月リリースの楽曲ながら、ゲームのリリースに合わせたリバイバル・ヒットで今週初登場5位となった。ポイントはやはりデジタルセールス(4位)とTwitter(3位)が中心。坂本は今週「スクラップ~別れの詩」(2010年リリース)も初登場15位に送り込んでおり、改めてその魅力が再評価されている。



◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「前前前世」RADWIMPS
2位「God's S.T.A.R.」QUARTET NIGHT
3位「アンサー」BUMP OF CHICKEN
4位「不滅のインフェルノ」HE★VENS
5位「色彩」坂本真綾
6位「なんでもないや」RADWIMPS
7位「GO」BUMP OF CHICKEN
8位「スパークル」RADWIMPS
9位「無敵*デンジャラス」B-PROJECT
10位「夢のありか」ナオト・インティライミ


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい