大回顧展『DAVID BOWIE is』日本開催を記念し、ボウイのアナログLP盤4タイトルがカラー・レコードで1月発売 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大回顧展『DAVID BOWIE is』日本開催を記念し、ボウイのアナログLP盤4タイトルがカラー・レコードで1月発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
大回顧展『DAVID BOWIE is』日本開催を記念し、ボウイのアナログLP盤4タイトルがカラー・レコードで1月発売

大回顧展『DAVID BOWIE is』日本開催を記念し、ボウイのアナログLP盤4タイトルがカラー・レコードで1月発売

 デヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを総括した大回顧展【DAVID BOWIE is】の開催を記念し、音楽活動キャリア50年以上を誇るボウイの2000年代に入ってからのアルバム『ヒーザン』、『リアリティ』、『リアリティ・ツアー』、『ザ・ネクスト・デイ』の4作品が完全生産限定の輸入盤国内仕様アナログLPとして、1月11日に発売される。

 2002年に発表された『ヒーザン』は、1980年に発表された『スケアリー・モンスターズ』以来、22年振りに盟友トニー・ヴィスコンティと共同でプロデュースを行った作品。今回は、ブルーのカラー・レコード盤での発売となる。


 また、『ヒーザン』からわずか1年3か月後に発表された『リアリティ』はクリア(透明)なレコード盤、ゼロ年代に入って立て続けに名盤2作品を発表し、再び黄金期を迎えたスーパースター=デヴィッド・ボウイの2003年11月のアイルランド、ダブリンでの公演を収録した『リアリティ・ツアー』は3枚組BOX仕様、ブルーのカラー・レコード盤での発売。そして2013年、当時オリジナル・アルバムとして『リアリティ』以来10年振りに発表された、ロック史上最大のカムバック作とも言える『ザ・ネクスト・デイ』は、新たにイエローのカラー・レコード盤で海外プレスを行った2枚組での発売となる。


 大回顧展『DAVID BOWIE is』は、2013年に英国の芸術とデザインの殿堂、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)で開催されて以来、世界9都市を巡回。そして、いよいよボウイの誕生日にあたる2017年1月8日より、日本展が開幕となる。


◎リリース情報
アナログ『ヒーザン』
2017/1/11 RELEASE
SIJP-35 5,400円(tax in)


アナログ『リアリティ』
2017/1/11 RELEASE
SIJP-36 5,400円(tax in)


アナログ『リアリティ・ツアー』
2017/1/11 RELEASE
SIJP-37~9 8,640円(tax in)


アナログ『ザ・ネクスト・デイ』
2017/1/11 RELEASE
SIJP-40~1 7,020円(tax in)


◎イベント情報
大回顧展『DAVID BOWIE is』
2017年1月8日(日)~4月9日(日)
寺田倉庫G1ビル
<火~木・土・日・祝>10:00~20:00(最終入場19:00)
<金>10:00~21:00(最終入場20:00)
休館日:毎週月曜日(但し、1/9、3/20、3/27、4/3は開館)
チケット料金(税込):一般前売2,200円 一般当日2,400円
中学生・高校生前売1,000円 中学生・高校生当日1,200円
限定オリジナルグッズ付き 5,000円 ※前売りのみ
ALL TIME 3,000円 ※前売りのみ


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい