【ビルボード】TVアニメ『クラシカロイド』劇中登場曲のオリジナルクラシック楽曲を集めた企画盤が堂々の第1位 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】TVアニメ『クラシカロイド』劇中登場曲のオリジナルクラシック楽曲を集めた企画盤が堂々の第1位

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】TVアニメ『クラシカロイド』劇中登場曲のオリジナルクラシック楽曲を集めた企画盤が堂々の第1位

【ビルボード】TVアニメ『クラシカロイド』劇中登場曲のオリジナルクラシック楽曲を集めた企画盤が堂々の第1位

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、「"ClassicaLoid" presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.1」が2位以下を大きく引き離して第1位を獲得。2016年10月よりEテレにて放送されているTVアニメ『クラシカロイド』の企画アルバムで、劇中登場曲のクラシック原曲をまとめた音楽集となっており、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「田園」「くるみ割り人形」など誰もが知る名曲が収録されている。


 第2位には「UHQCDの世界! DENON クラシック・ベスト聴き比べ用サンプラー」がチャートイン。『UHQCD』とは、高価なクリスタルCDに用いられた技術を長年の研究の末に通常CDに応用したもの。同じ楽曲で、このUHQCDの音源と通常CD音源の聴き比べが出来る、安価なサンプラー2枚組CDだ。今後順次UHQCD化が進むにあたり、音質を追求するオーディオファンがテスト的に買い求めたものと思われ、音質評価は上々。今後リリースされるUHQCD音源のチャートインも期待出来そうだ。


 第3位には村治佳織の5年ぶりの新録音『ラプソディー・ジャパン』がチャートイン。これで9週連続でのチャートインとなった。村治佳織の大病からの完全復活を喜ぶファンの熱気を感じさせる連続チャートだ。text:yokano


◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『“ClassicaLoid” presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.1』
2位『UHQCDの世界! DENON クラシック・ベスト聴き比べ用サンプラー』
3位『ラプソディー・ジャパン』村治佳織
4位『0歳からの育脳クラシック』
5位『ハンス・クナッパーツブッシュ・コレクション Vol.3』ハンス・クナッパーツブッシュ
6位『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番バガニーニの主題による狂詩曲』反田恭平
7位『ショパン:エチュード&バラード』辻井伸行
8位『アヴェ・マリア名曲集~10人の作曲家による』
9位『きよしこの夜~グローリアス・サウンド・オブ・クリスマス』ユージン・オーマンディ
10位『THE BEST』辻井伸行


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい