山崎まさよし、「君の名前」MV公開 愛娘の結婚式に参列する20年後の山崎を披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山崎まさよし、「君の名前」MV公開 愛娘の結婚式に参列する20年後の山崎を披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
山崎まさよし、「君の名前」MV公開 愛娘の結婚式に参列する20年後の山崎を披露

山崎まさよし、「君の名前」MV公開 愛娘の結婚式に参列する20年後の山崎を披露

 先日3年ぶりとなるオリジナルアルバム『LIFE』をリリースした山崎まさよしが、アルバムリード曲「君の名前」のMVを公開した(https://youtu.be/Qp2RmUmAbzs)。


 昨年、自身の愛娘が誕生した時の思いを書いたというこの楽曲は、冒頭の「これからどれくらい君の名を呼ぶのだろうか」という歌詞が、生まれてきてくれた嬉しさの反面、いつかは自分の元を離れて行ってしまうという切なさ、憂いも同時に感じる父親目線のラブソング。以前に公開されたMV(フォトバージョン)では、大竹しのぶ、山崎の実の息子(5)との2ショット写真が話題となった。


 今回の作品は、20年後の設定で、山崎が愛娘の結婚式に参列する姿を描いた物語。特殊メイクを約2時間30分施して完成した山崎の姿は、顔や手のシミやしわなど随所にこだわったメイクで老紳士そのもの。さらに、女優として現在映画、ドラマを中心に大活躍をしている山崎紘菜が娘役としてキャスティングされ、「山崎」という同じ姓を持つ二人が親子役としての共演が実現した。


 撮影は都内のハウススタジオと実際にある結婚式場を貸し切って行われた。山崎はモーニングを着用するのが生まれて初めてだったそうで、山崎紘菜も初めてのウェディングドレスに「初めてです。ずっと着てみたくて……女の子の憧れだと思うので……今回お話をいただいてすごく嬉しかったです。」とコメント。


 20年後もしプライベートで実際にこんなシーンがあったらお父さんとしては辛いのではという問いに対して山崎は、「20年後、娘にこんな風に思ってもらったらいいのですけど。欠席ですね!」と語り現場で笑いが起きていた。


 結婚を喜び、父親にもドレス姿を褒めてもらいたい娘、そしてそんな娘を心から送り出すことに結婚式当日まで躊躇いを持つ父。二人の親子の演技が、この1日の風景を描写した作品となっている。



◎リリース情報
アルバム『LIFE』
2016/12/14(水)Release
<特別盤>CD+DVD
UPCH-20440/4,320円(tax in.)
<通常盤>CD
UPCH-20441/3,240円(tax in.)


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい