テレンス・マリックが宇宙や生命を描く40年の集大成『ボヤージュ・オブ・タイム』日本公開決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テレンス・マリックが宇宙や生命を描く40年の集大成『ボヤージュ・オブ・タイム』日本公開決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
テレンス・マリックが宇宙や生命を描く40年の集大成『ボヤージュ・オブ・タイム』日本公開決定

テレンス・マリックが宇宙や生命を描く40年の集大成『ボヤージュ・オブ・タイム』日本公開決定

 寡作にして発表する作品は常に高い評価を受け、世間を賑わしてきた偉才テレンス・マリック監督の最新作『Voyage of Time:Life's Journey』。邦題を『ボヤージュ・オブ・タイム』として、2017年3月より全国公開されることが決定し、同時にポスタービジュアルと本予告編が公開された(https://youtu.be/28GQF5FqZRg)。


 カンヌ国際映画祭では『天国の日々』(78)で監督賞を、『ツリー・オブ・ライフ』(11)でパルムドールを、さらにベルリン国際映画祭では『シン・レッド・ライン』(98)で金熊賞を受賞し、度々アカデミー賞にもノミネートされ世間を賑わしてきたテレンス・マリック。本作は、テレンス・マリックが40年のライフワークを集大成して世に送り出す渾身作で、本予告では「白昼夢のような、未体験の感覚。―THE NEWYORKER」「圧倒的な自然美に眼福。愛を綴ったポエムのような作品。―Variety」「スクリーンに“奇跡”がおこる。緻密で壮大な作品に、ひれ伏し魅了される。―SCREEN」という海外評にもあるように、圧倒的な映像美が繰り広げられる。


 なお、製作にはブラッド・ピットが名乗りを挙げ、40分のIMAX版ではナレーションも担当。通常版のナレーションはアカデミー賞女優ケイト・ブランシェットが務めている。




◎公開情報
映画『ボヤージュ・オブ・タイム』
2017年3月 TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー
監督:テレンス・マリック『ツリー・オブ・ライフ』『シン・レッド・ライン』
語り:ケイト・ブランシェット『キャロル』
製作:ブラッド・ピット(※ブラッド・ピットは40分のIMAX版ナレーションも担当)、ジャック・ペラン
原題Voyage of Time:Life's Journey/2016年/フランス・ドイツ・アメリカ映画/90分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:松浦美奈 配給:ギャガ
2016(C)Voyage of Time UG (haftungsbeschrankt). All Rights Reserved.


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい