【ビルボード】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』が総合ALでも1位、トップ10に5タイトルが初登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』が総合ALでも1位、トップ10に5タイトルが初登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』が総合ALでも1位、トップ10に5タイトルが初登場

【ビルボード】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』が総合ALでも1位、トップ10に5タイトルが初登場

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”は、BOYS AND MEN 『威風堂々~B.M.C.A.~』がCDセールスで大きく稼いだポイントを守り切り首位を獲得。これで、週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”との2冠を達成した。1位の要因はなんといってもCDセールス。前作『Cheer up!』の2倍以上の約4.6万枚を原動力にして、2位以下を振り切った。ただ、ダウンロードやルックアップでのポイントの積み上げが弱く、ロングヒットの傾向は見られない。


 2位は、韓国ボーイズグループ2PMのメンバーJun. Kのソロアルバム『NO SHADOW』。こちらもCDセールスでのポイントが大きい。3度目の首位を狙っていたRADWIMPS『人間開花』は今週3位に。CDセールスとダウンロードのポイントは落ち着いてきたが、ルックアップで1位のポイントをあげており、まだまだ注目の作品だと言える。


 その他、5位のDISH//『召し上がれのガトリング』、7位・槇原敬之『Believer』、8位・氷川きよし『新・演歌名曲コレクション4 -きよしの日本全国 歌の渡り鳥-』が、初登場でトップ10内にチャートインを果たした。


◎【Hot Albums】トップ10
1位『威風堂々~B.M.C.A.~』BOYS AND MEN
2位『NO SHADOW』Jun. K
3位『人間開花』RADWIMPS
4位『Fantome』宇多田ヒカル
5位『召し上がれのガトリング』DISH//
6位『君の名は。』RADWIMPS
7位『Believer』 槇原敬之
8位『新・演歌名曲コレクション4 -きよしの日本全国 歌の渡り鳥-』氷川きよし
9位『YELLOW DANCER』星野源
10位『MADE SERIES』BIGBANG
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい