カミラ・カベロの声明に5Hが反論「長い話し合いなどなかった」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カミラ・カベロの声明に5Hが反論「長い話し合いなどなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
カミラ・カベロの声明に5Hが反論「長い話し合いなどなかった」

カミラ・カベロの声明に5Hが反論「長い話し合いなどなかった」

 脱退したカミラ・カベロと残りのメンバーとの意見の食い違いが表面化しているフィフス・ハーモニー(5H)だが、現地時間の月曜深夜、グループ側が公式SNSを通して新たな声明を発表した。


 最新のメッセージでメンバーは、カミラには5Hにもう一度チャンスを与えてくれないかと“懇願し”、ある時はグループ・カウンセリングの時間もセッティングしたがすっぽかされたと主張している。


 カミラの声明にあったように、2016年12月18日に行われた【ジングル・ボール】のパフォーマンスを最後にカミラが脱退することを他のメンバーが11月半ばに知らされていたことは認めた。


 5Hの2度目のメッセージの趣旨は、“ファンの皆さん、このゴタゴタは私たちのせいではありません”ということらしい。


 「ここ数か月にわたり、私たちは5Hの将来についてカミラとじっくり話し合う為の努力を続けてきました。(彼女がソロ活動を始めた頃から)1年半にわたり、5Hは少なくとももう1枚彼女と一緒にアルバムを作る価値があるというあらゆる理由を、彼女や彼女のチームに伝えようとしてきました。これまでの私たち全員の努力が実り、ここ1年で成功も収めていたことを考えれば尚更です。私たちはグループ・ミーティングを提案しましたが、彼女は拒否し、L.A.リードとレーベルに間に入ってもらい、ミーティングをセッティングしてもらえるよう頼みましたが、彼女はそれも拒否しました。グループ・カウンセリングを受けようとまでしましたが、彼女は現れませんでした。つまり、私たちは懇願しましたが、彼女と彼女のチームからは拒絶が数か月続き、彼女が主張するような長い“話し合い”など一切ありませんでした。このグループを5人で存続させる為にあらゆる努力はしましたし、心血を注ぎましたが、残念ながらそうした努力は共通のものではなかったということをはっきりさせておきたいのです」と声明には書いてある。


 そして24時間前に投稿された最初の声明と同様、アリー・ブルック・エルナンデス、ノーマニ・コーディ、ローレン・ハルレギ、ダイナ・ジェーンのサインがあり、“onward and upward(元気を出して前進していきましょう)”という比較的ポジティブな言葉で締めくくられている。


  5Hは2012年に結成。オーディション番組『Xファクター』US版シーズン2で5人のメンバーがサイモン・コーウェルによってグループにまとめられデビューした。アルバム『リフレクション』と『7/27』は米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”でTOP5、シングル「ワーク・フロム・ホーム」は米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”でTOP5を記録している。カミラはソロとしてショーン・メンデスとTOP20シングル「I Know What You Did Last Summer」をリリース、マシン・ガン・ケリーとのデュエット曲「Bad Things」は先週ソング・チャートのTOP10にランクインした。



◎フィフス・ハーモニーによる投稿
https://twitter.com/FifthHarmony/status/811064892929155072


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい