「恋」止まらぬ勢い、宇多田イベントでファンに感謝、RAD首位返り咲き:今週の邦楽まとめニュース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「恋」止まらぬ勢い、宇多田イベントでファンに感謝、RAD首位返り咲き:今週の邦楽まとめニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
「恋」止まらぬ勢い、宇多田イベントでファンに感謝、RAD首位返り咲き:今週の邦楽まとめニュース

「恋」止まらぬ勢い、宇多田イベントでファンに感謝、RAD首位返り咲き:今週の邦楽まとめニュース

 Billboard JAPAN総合アルバムチャートで、RADWIMPS『人間開花』が先週から1つ順位を上げて、見事1位を獲得した。CDセールス3位、ダウンロード3位、ルックアップ1位と各指標でバランス良くポイントを積み上げ、セールス1位のMYNAME『ALIVE~Always In Your Heart~』を退けて総合1位となった。クラシックアルバム部門では、塚信也のユニバーサル移籍後初のアルバム『KIYOZUKA』が首位を獲得。2016年のビルボード年間クラシックチャートで2位に輝いた清塚の今後の動きに期待出来そうだ。


【ビルボード】RADWIMPS『人間開花』が総合AL首位返り咲き、初登場ピコ太郎は5位に
【ビルボード】清塚信也ニューアルバム『KIYOZUKA』が堂々の第1位


 一方、総合シングルチャートでは、星野源「恋」が関ジャニ「NOROSHI」を抑え、4度目の首位を獲得した。21.7万枚を売り上げた「NOROSHI」だったが、「恋」のTweet数は135,941ツイート、動画再生回数は11,422,650回、ラジオ再生回数は先週4位から順位を上げて9週ぶりの1位を記録。“逃げ恥ロス”が続出する中、最高視聴率を更新し続けるドラマと共に、主題歌も異例の大ヒットを記録している。また、勢いの止まらない星野が2016年を振り返るイヤーブック発売も決定。撮り下ろしフォトやアルバム『YELLOW DANCER』の全曲徹底解説、小堺一機、関根勤との豪華対談など、内容盛りだくさんの作品に仕上がっている。


【ビルボード】星野源「恋」、21.7万枚セールスの関ジャニを抑え、5冠で4度目のJAPAN HOT100総合首位獲得
【ビルボード HOT BUZZ SONGS】 4週連続、1位星野源「恋」&2位ピコ太郎「PPAP」
星野源のイヤーブック創刊! 全国ツアー【YELLOW VOYAGE】~ 大ヒット曲「恋」まで2016年の音楽活動を記録


 SoundScan Japanによる12月12日~12月14日までの中間売上レポートでは、アルバムはBOYS AND MENの『威風堂々~B.M.C.A.~』、CDシングルではHey! Say! JUMP『Give Me Love』がそれぞれ1位に。来週のチャート結果をお楽しみに。

【先ヨミ】ボイメン、氣志團提供楽曲&「ヤングマン」リアレンジver.を収録したALが現在トップ
【先ヨミ】Hey! Say! JUMP『Give Me Love』が首位独走中、週間で20万枚越えなるか?!


 【2016 年間 USEN HIT ランキング】J-POPランキングで1位に輝いた宇多田ヒカルがデビュー記念日の12月9日に、ネットイベント『30代はほどほど。』を生放送。「30代はほどほど。」とプリントされたスウェットと黒ぶち丸メガネで登場した宇多田は、ファンからの質問に答えたり、ピアノ弾き語りライブをしたりして視聴者を楽しませた。最後は、サプライズでバースデーケーキが登場し、涙をこらえながらファンに感謝のメッセージを述べた。

宇多田ヒカル 涙を堪えながら「長い休みも「待ってるよ」って言ってくれて……ありがとう」ファンとの交流ネットイベント
宇多田ヒカル『30代はほどほど。』再配信に伴い本人着用のスウェットの商品化も決定
【2016 年間 USEN HIT ランキング】宇多田ヒカル&フィフス・ハーモニーが首位


 2016年もたくさんのトレンドが誕生したが、その年に流行したポ-ズや動作を調査する【流行ポ-ズ大賞2016】が発表され、トレンディエンジェル斎藤司の「斎藤さんだぞ!」が、『逃げ恥』の「恋ダンス」や「PPAP」を抑え、1位に選ばれた。【流行語大賞】では残念ながら受賞を逃したものの、多くのライバルがいた中、今回見事受賞をした斎藤は「髪薄いぺっぺぺ-が勝ちました。俺をだれだと思ってるんだ! 斉藤さんだぞ!」と喜びのコメントしている。

「逃げ恥」「PPAP」を押さえ 「斎藤さんだぞ!」が流行ポ-ズ大賞


 今年世間を賑わせた他の出来事と言えば、「ゲス不倫」だろう。騒動の当事者で芸能活動を休止していたベッキーが大みそかと元旦の2日間限定で5年ぶりにLINEのCMに登場することが発表された。LINEでのやりとりが週刊文春に掲載され話題を呼んだベッキーだったが、「(起用して)大丈夫ですか?」と自虐気味に語り、騒動を笑いに変えるトーク力の高さを見せつけた。


ベッキ-、LINE“再インスト-ル” 不倫騒動を経て「自分自身を見つめ直しました」


その他今週の注目ニュース
Perfume ドラマ『東京タラレバ娘』主題歌を担当! 「自分たちもそんな歳に……こわいこわい(笑)」
Mrs. GREEN APPLE、イギリスの国民的キャラクターとコラボした絵本付きCDをリリース
Crystal Kay、初のビルボードライブ公演が決定
BEGIN×桐谷健太による初コラボ「海の声」2015年の貴重なライブ映像公開
ゆず、8年ぶりの野外フリーライブ開催でファンが“開催場所”探し


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい