映画『SING/シング』、第74回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映画『SING/シング』、第74回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
映画『SING/シング』、第74回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート

映画『SING/シング』、第74回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート

 第74回ゴールデングローブ賞の各ノミネート作品が発表され、映画『SING/シング』が、映画部門アニメーション作品賞 (Best Animated Feature Film)、主題歌賞 (Best Original Song - Motion Picture)の2部門にノミネートされたことが分かった。

 本作は、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーといった豪華スターが、歌声を披露することで世界中から注目を集めているアニメーション映画。アニメーション作品賞にイルミネーション・エンターテインメント作品がノミネートされるのは、『怪盗グルーの月泥棒 3D』(第68回)、『怪盗グルーのミニオン危機一発』(第72回)に続き、今回で3作目だ。

 また、主題歌賞にノミネートされた本作のエンディングソング「フェイス(原題:Faith)」は、男性ソロ・シンガーとしてグラミー賞の史上最多受賞歴を誇るスティーヴィー・ワンダーと、若い世代で絶大的な人気を誇る実力派女性シンガーのアリアナ・グランデによる豪華コラボレーションが大きな話題を呼んでいる1曲。スティーヴィー・ワンダーは、『ウーマン・イン・レッド』(84)に用いられた「心の愛(I Just Called to Say I Love You)」でも第42回 ゴールデングローブ賞を受賞しており、本作で再び受賞となるか、アニメ作品賞と併せて期待高まっている。第74回ゴールデングローブ賞授賞式は、2017年1月8日(現地時間)にビバリーヒルトン・ホテルで開催予定。




◎公開情報『SING/シング』
2017年3月17日ロードショー
監督/脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
キャスト:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ジェニファー・サンダース、ピーター・セラフィノウィッツ、レスリー・ジョーンズ、ジェイ・ファロア、ニック・オファーマン、ベック・ベネット
配給:東宝東和
(C)Universal Studios.


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい