岩井俊二の名作『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』CV.広瀬すず×菅田将暉×宮野真守でシャフトがアニメ映画化 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岩井俊二の名作『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』CV.広瀬すず×菅田将暉×宮野真守でシャフトがアニメ映画化

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
岩井俊二の名作『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』CV.広瀬すず×菅田将暉×宮野真守でシャフトがアニメ映画化

岩井俊二の名作『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』CV.広瀬すず×菅田将暉×宮野真守でシャフトがアニメ映画化

 岩井俊二の原作/監督/脚本による名作『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』がアニメーション映画化され、2017年8月18日に公開される。

アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ビジュアル


 本作は“繰り返される夏の一日”の、恋の奇跡を描く感動のラブストーリー。物語の舞台は、夏休みのある一日。花火大会をまえに「花火は横から見たら丸いのか? 平たいのか?」の答えを求め、町の灯台から花火を見ようと計画する少年たち。一方、クラスのアイドル的存在・なずなに想い寄せる典道は、時間が巻き戻る不思議な体験のなかで、なずなから「かけおち」に誘われることになる。


 この岩井俊二による伝説的な傑作テレビドラマに、『モテキ』『バクマン。』の大根仁が現代的な要素を加え、長編ならではの壮大な物語として新たに脚本化。総監督は『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之が務め、同じく『魔法少女まどか☆マギカ』や『<物語>シリーズ』を生み出したアニメーションスタジオ「シャフト」との最強タッグを再び実現させる。


 声の出演は、なずな役に話題作への出演が相次ぐ広瀬すず。典道役に声優初挑戦となる菅田将暉。同世代のなかでも圧倒的な人気・実力を誇る二人が、瑞々しい少年少女の恋と冒険を彩る。さらに、典道の恋敵となるクラスメイト・祐介役を、声優界のトップランナー宮野真守が務めることも決定した。




◎映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
2017年8月18日(金)全国東宝系にてロードショー
声の出演:広瀬すず 菅田将暉 宮野真守
原作:岩井俊二 脚本:大根仁
総監督:新房昭之 監督:武内宣之 音楽:神前暁
アニメーション制作:シャフト
(C)「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい