【ビルボード年間Hot Albums】4週連続1位を獲得した宇多田ヒカル『Fantome』が総合AL年間1位、宇多田からコメント到着 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード年間Hot Albums】4週連続1位を獲得した宇多田ヒカル『Fantome』が総合AL年間1位、宇多田からコメント到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード年間Hot Albums】4週連続1位を獲得した宇多田ヒカル『Fantome』が総合AL年間1位、宇多田からコメント到着

【ビルボード年間Hot Albums】4週連続1位を獲得した宇多田ヒカル『Fantome』が総合AL年間1位、宇多田からコメント到着

 2016年の総合アルバムチャート“Hot Albums”の年間1位は、宇多田ヒカルの8年ぶりのアルバム『Fantome』となった。同作は、10月10日付“Hot Albums”で初登場1位となり、そこから4週連続で首位をキープ。その後も2位を4回獲得するなど上位を守り続けるロングヒット作品となり、年間2位以下を引き離す総合ポイントを獲得した。指標別に見てみると、CDセールス3位、ダウンロード1位、ルックアップ4位と、各指標で高ポイントをあげており、特にダウンロードポイントがキーとなり、CDセールス1位の嵐『Are You Happy?』やCDセールス2位の三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの『THE JSB LEGACY』を抑えての首位となった。


 年間2位を獲得したのは、大ヒット映画『君の名は。』サウンドトラック、RADWIMPS『君の名は。』。9月5日付“Hot Albums”で初登場1位となり、そこから4週連続で首位に。それ以降もトップ10内を維持し続けており、こちらもロングヒット作品になっている。指標別では、CDセールス7位、ダウンロード2位、ルックアップ3位として、こちらもダウンロードポイントの後押しが大きかったことがわかる。2016年の総合アルバムチャートは、今年大きな話題となったアーティストのアルバム作品がワン・ツーフィニッシュを飾る結果となった。


◎宇多田ヒカル コメント
8年ぶりのアルバムが様々な形態で沢山の人に届いたということがとても嬉しいです。ありがとうございました。


◎【Billboard JAPAN Hot Albums of the Year 2016】トップ10
1位『Fantome』宇多田ヒカル
2位『君の名は。』RADWIMPS
3位『THE JSB LEGACY』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
4位『Are You Happy?』嵐
5位『シャンデリア』back number
6位『YELLOW DANCER』星野源
7位『Just LOVE』西野カナ
8位『あの日 あの時』小田和正
9位『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』(オムニバス)
10位『Butterflies』BUMP OF CHICKEN
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい