“ジャズは橋を架ける”【かわさきジャズ2016】川崎市内を音楽でつなげた10日間が終幕 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“ジャズは橋を架ける”【かわさきジャズ2016】川崎市内を音楽でつなげた10日間が終幕

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
“ジャズは橋を架ける”【かわさきジャズ2016】川崎市内を音楽でつなげた10日間が終幕

“ジャズは橋を架ける”【かわさきジャズ2016】川崎市内を音楽でつなげた10日間が終幕

 11月11日から11月20日までの10日間、神奈川・川崎市内の複数会場を舞台に様々なジャズステージが繰り広げられる【かわさきジャズ2016】が開催となり、最終的に約2万5千人の参加者が集まった。


 開催2年目となる今年は地域連携プログラムとして、主に市民ミュージシャンが参加するフリーライブを34会場にて開催。企業や団体との連携プログラムも含めると、45会場で67ものステージが行われ、街角や市役所、商店街、地域子育て支援センター、美術館、 駅、ジャズクラブ、ホテルなどあらゆる場所が【かわさきジャズ】のステージとなり、参加総数は1万8千人を超えた。


 また、昨年に引き続き、出演アーティストの学校訪問によるワークショップも実施。【佐山雅弘&仙波清彦+コリアンオールスターズ】に出演した韓国太鼓(チャンゴ)奏者のチェ・ジェチョルが、川崎市立幸町小学校を訪問し、約350人の児童がチャンゴの演奏を楽しんだ。


 そして、山下洋輔、プラチナ・ジャズ・オーケストラ、ニュー・イングランドといった国内外のアーティストによるライブや、川崎市と韓国・富川の友好都市提携20周年を記念した日韓コラボライブなど、 ジャンルや国境を越え、融合することをテーマとした公演が多かったことも特徴的だった。



◎公演情報
【かわさきジャズ2016】
本会期:2016年11月11日(金)~20日(日)
プレ会期:2016年9月15日(木)~11月10日(木)
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール、ラゾーナ川崎プラザソル、クラブチッタ、新百合トウェンティワンホール、昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ、洗足学園音楽大学ビッグマウス ほか川崎市内各所
有料公演:15公演
無料公演:45か所・約67公演
主催:かわさきジャズ2016実行委員会、川崎市


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい