エド・シーランの顔に剣で誤って傷……ベアトリス王女がナイト称号儀礼を真似して 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エド・シーランの顔に剣で誤って傷……ベアトリス王女がナイト称号儀礼を真似して

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
エド・シーランの顔に剣で誤って傷……ベアトリス王女がナイト称号儀礼を真似して

エド・シーランの顔に剣で誤って傷……ベアトリス王女がナイト称号儀礼を真似して

 ベアトリス王女が、ナイトの称号儀礼を真似して、エド・シーランの顔に剣で誤って傷をつけてしまったとイギリスのザ・サン紙が報道している。

その他 画像など


 チャールズ皇太子の弟であるアンドルー王子所有のウィンザーにあるロイヤル・ロッジでの晩餐会に出席していたエド・シーラン。同じく晩餐会に出席していたジェイムス・ブラントが、冗談でナイトの称号を得たいと話したところ、アンドルー王子の娘であるベアトリス王女が、叙勲者の肩を儀礼用の剣で触れるナイト称号の儀礼を真似。剣を後ろに振りかざしたところに、エドの顔があり、頬に傷を負う事態となった。


 剣は、もう少しでエドの右目にあたるところで、もしあたっていたら失明していた可能性もあったが、地元の病院で顔を数針縫ったのちに再び晩餐会に戻り、動揺していたベアトリス王女に“単なる事故だった”と話したそうだ。

エドの顔の傷後は、事件後にファンと撮影されたセルフィーからも確認できる。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい