“話題の白人ラッパー”マック・ミラーが、豪華ゲスト参加の最新アルバムで遂に日本上陸 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“話題の白人ラッパー”マック・ミラーが、豪華ゲスト参加の最新アルバムで遂に日本上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
“話題の白人ラッパー”マック・ミラーが、豪華ゲスト参加の最新アルバムで遂に日本上陸

“話題の白人ラッパー”マック・ミラーが、豪華ゲスト参加の最新アルバムで遂に日本上陸

 白人の男性ラッパーとしてエミネムに続く存在として高い評価を受けているマック・ミラーが、メジャー移籍第2弾アルバム『ザ・ディヴァイン・フェミニン』で日本デビューすることが分かった。

 2011年にインディーからリリースしたデビュー・アルバム『Blue Slide Park』がイキナリの全米アルバム・チャート1位を獲得し、同年リリースした楽曲「ドナルド・トランプ」が2016年のアメリカ大統領選挙に際して再ヒットするなど、注目の存在である彼が、交流の深い歌姫アリアナ・グランデをはじめ、ケンドリック・ラマー、アンダーソン・パークら超豪華アーティストを迎え全米初登場2位を記録したメジャー移籍第2弾アルバム『ザ・ディヴァイン・フェミニン』で12月14日、日本デビューを飾る。



◎リリース情報
マック・ミラー 『ザ・ディヴァイン・フェミニン』
2016/12/14(水)Release
WPCR-17590/2,200円(Tax out)



トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい