トランプが激戦の大統領選挙を制す、『ファンタビ』主人公の登壇決定、ブルーノが洋楽チャート4週連続首位:今週の洋楽まとめニュース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トランプが激戦の大統領選挙を制す、『ファンタビ』主人公の登壇決定、ブルーノが洋楽チャート4週連続首位:今週の洋楽まとめニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
トランプが激戦の大統領選挙を制す、『ファンタビ』主人公の登壇決定、ブルーノが洋楽チャート4週連続首位:今週の洋楽まとめニュース

トランプが激戦の大統領選挙を制す、『ファンタビ』主人公の登壇決定、ブルーノが洋楽チャート4週連続首位:今週の洋楽まとめニュース

 今週の洋楽まとめニュースは、世界中が注目した米大統領選挙の話題から。現地時間で今週の火曜日、米国の次期大統領選挙が行われ、民主党のヒラリー・クリントン氏と共和党のドナルド・トランプ氏の間で激戦が繰り広げられた。予備選挙の結果を覆し、米国の次期大統領には共和党候補のドナルド・トランプ氏が選ばれた。この結果を受け、実業のマーティン・シャリがウータン・クランの未発表アルバムを一般公開したり、ケイティ・ペリーは抗議の意を示すため自身のツイッターを黒に、そしてアリアナ・グランデは「もっといい時代がきっと来るわ」とファンに団結を呼びかけた。

その他 関連画像など


世界に1つしかないウータン・クランの未発表アルバムを所有する全米一の嫌われ者、トランプ勝利を受けて一部を公開
Twitterで最もフォロワー数の多いケイティ・ペリー、トランプ当選に抗議しアカウントを黒に
アリアナ・グランデ、トランプ新大統領誕生を受けファンに団結を呼びかける「もっといい時代がきっと来るわ」
マドンナ、クリントン候補への支持を訴え「イマジン」や自身の楽曲をサプライズ・パフォーマンス


 続いては、公開前から話題沸騰中の映画『ファンタビ』の最新情報について。2016年11月23日に公開となる『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の公開初日に、丸の内ピカデリー1にて劇場舞台挨拶が行われる。そして先日、この舞台挨拶に新主人公ニュートを演じるエディ・レッドメインらが登壇することが決定した。舞台挨拶のチケットは、チケットぴあにて11月12日11時より先行抽選販売、19日10時より一般販売にて発売が開始となる。


映画『ファンタビ』公開日舞台挨拶にエディ・レッドメインら登壇決定! チケット先行/一般販売の情報も公開
ハリポタ新シリーズ『ファンタビ』、日本好きなアリソン・スドルが語る日本人が楽しめるポイント


 さて、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」が、通算12週目の首位を死守した。ザ・ウィークエンド「スターボーイ」(2位)や、ブルーノ・マーズ「24K・マジック」(7位)といった強豪を抑え、遂に12週目のNo.1をマークした、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」。12週という記録は歴代4位タイで、2015年の年間3位をマークした、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」以来、1年振りの快挙となる。


【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズが2016年首位最長記録をさらに更新、ドレイク新曲がTOP10に初エントリー
【米ビルボード・チャート】ザ・チェインスモーカーズ首位キープで「シー・ユー・アゲイン」にタイ、ALチャートは4作がTOP10圏内初登場(11/19付)


 替わって、今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”は、ブルーノ・マーズの「24K・マジック」が、4週目の首位をキープした。「24K・マジック」は、エアプレイとデジタル・セールスが今週も洋楽勢トップで、他指標でも順調にポイントを伸ばし、先週から2位をキープしているレディー・ガガの「パーフェクト・イリュージョン」に大差をつける結果となった。一方、「パーフェクト・イリュージョン」は来日プロモーションに後押しされ、ラジオ・ソング・チャートでは5位をキープしたが、動画再生回数が「24K・マジック」の半分以下など、ブルーノの勢いには及ばなかった。


【ビルボード】ブルーノ・マーズが4週目の洋楽チャート制覇、ボン・ジョヴィ新曲がTOP10初エントリー


 そして、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、ラッパー、ジージー(ヤング・ジージー)の3年ぶりとなる新作『トラップ・オア・ダイ・3』が首位デビューを果たした。名前をヤング・ジージーから改名したラッパー、ジージーの7thアルバム『トラップ・オア・ダイ・3』が、初動枚数89,000枚を獲得して、自身3作目となるNo.1獲得を果たした。首位デビューは、2006年の2ndアルバム『ザ・インスピレーション』、2008年の3rdアルバム『ザ・リセッション』以来、およそ8年振り。その間に出した3枚のアルバムも、すべてTOP10入りを果たしている。シングル曲のヒットがないのに、アルバムは毎回ヒットを記録する、いわゆる実力派のラッパーといえるだろう。


【米ビルボード・アルバム・チャート】接戦となった今週のチャートを制したジージー、自身3作目となるNo.1獲得



今週のその他の注目ニュース
ビヨンセ、コールドプレイ、アデルらノミネート、年間200億ドル超えのライブ市場に特化した【米ビルボード・ツアー・アワード】開催
ドレイクの『ヴューズ』、Spotifyストリーミング再生数が驚異の30億回突破
5SOSのツアーが総興行収入3,900万ドル突破で米ビルボード・ツアー・チャート1位に、ONE OK ROCKも参加
【THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016】にジョニー・デップが急きょ参戦、「会場で会いましょう!」
デヴィッド・ボウイの遺志を受け継ぐミュージシャンが集結【CELEBRATING DAVID BOWIE】日本公演決定


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい