さだまさし『永縁~さだまさし 永六輔を歌う~』より秘蔵の名曲「生きるものの歌」MV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

さだまさし『永縁~さだまさし 永六輔を歌う~』より秘蔵の名曲「生きるものの歌」MV公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
さだまさし『永縁~さだまさし 永六輔を歌う~』より秘蔵の名曲「生きるものの歌」MV公開

さだまさし『永縁~さだまさし 永六輔を歌う~』より秘蔵の名曲「生きるものの歌」MV公開

 さだまさしのアルバム『永縁~さだまさし 永六輔を歌う~』が遂にリリースとなり、収録曲「生きるものの歌」のミュージックビデオがYouTubeのオフィシャルアカウントにて公開された。


 本作では、デビュー前から親交があり、さだまさしが「自身の楽曲のルーツ」と語る、永六輔の作品を歌ったアルバム。「上を向いて歩こう」「夢であいましょう」「黄昏のビギン」など、誰もが口ずさめる名曲から、さだまさし25周年を記念し、永六輔が詞を提供したさだまさしの楽曲「ふ」などが収録されている。


 原曲「生きるものの歌」は、永六輔のデビューアルバム『六輔その世界』の収録曲。永六輔自身が歌唱した楽曲であったため、さだまさしは収録を悩んでいたというが、中村力丸(中村八大の長男)との会話から収録を決意し、誰もが知る名曲の数々を収録したこのアルバムの中から、あえて今この時代にこそ聴いて欲しい名曲としてMVも制作することとなった。


 映像にある若き日の永六輔の後姿の写真は、実際に親族より提供されたもので、いつまでも永六輔の背中を追い続けたいという、さだまさしの想いが込められている。なお、間奏に印象的な朗読が入るが、この言葉を伝えたいとの想いから、さだまさしが手紙を読む映像が使用された。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい