『11月10日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の巨匠、アラン・トゥーサンの死から1年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『11月10日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の巨匠、アラン・トゥーサンの死から1年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『11月10日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の巨匠、アラン・トゥーサンの死から1年

『11月10日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の巨匠、アラン・トゥーサンの死から1年

 11月10日はアメリカ・ニューオーリンズの音楽シーンを支え続けた伝説的ミュージシャン、アラン・トゥーサンの命日となる。
 
 歌手、ピアニスト、プロデューサー、ソングライター、アレンジャーとしてマルチな才能を発揮し、ニューオーリンズのR&Bシーンに数々の名曲や有名アーティストを送り込んだトゥーサン。自身の代表曲には「サザン・ナイツ」やオバマ大統領の名キャッチコピー「Yes We Can!」の元ネタといわれる「Yes We Can Can」などがあり、また、リー・ドーシーやミーターズなどをシーンに輩出したことでも知られている。


 2015年11月10日、スペイン・マドリッドでのコンサート後に心臓発作を起こし帰らぬ人となったトゥーサンは、晩年まで世界中を飛び回って演奏を続けていたリヴィング・レジェンドのひとり。来日公演も毎年のようにおこない、名盤『サザン・ナイツ』の再現ライブや、他のアーティストに提供した楽曲をメインに演奏するライブなど、趣向を凝らした演出と変わらぬパフォーマンスで日本のファンたちを喜ばせた。


 今年6月には死の直前に完成したといわれる『AMERICAN TUNES』が発表され、鬼才ヴァン・ダイク・パークスとのピアノ共演も話題に。自身の楽曲のほか、デューク・エリントンやファッツ・ウォーラー、プロフェッサー・ロングヘアなど、偉大な米国ミュージシャンたちの名曲で在りし日のトゥーサンの柔らかく繊細なタッチのピアノを聴くことができる作品となっている。



◎アーティスト情報
http://wmg.jp/artist/allentoussaint/


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい