マドンナ、クリントン候補への支持を訴え「イマジン」や自身の楽曲をサプライズ・パフォーマンス 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マドンナ、クリントン候補への支持を訴え「イマジン」や自身の楽曲をサプライズ・パフォーマンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マドンナ、クリントン候補への支持を訴え「イマジン」や自身の楽曲をサプライズ・パフォーマンス

マドンナ、クリントン候補への支持を訴え「イマジン」や自身の楽曲をサプライズ・パフォーマンス

 マドンナが現地時間2016年11月7日、米NYのワシントン・スクエア・パークに姿を現してスペシャル・アコースティック・パフォーマンスを披露し、集まったニューヨーカーたちに一生忘れられないサプライズをプレゼントした。


 ワシントン・スクエア・ファウンテンの中心に立ったマドンナは、ほとんどがニューヨーク大学の生徒からなる観客に囲まれて声援を受けながら、ジョン・レノンの「イマジン」とピーター・ポール&マリーの「If I Had A Hammer」をカバーし、自身の「レベル・ハート」と「ライク・ア・プレイヤー」も歌った。


 マドンナは聴衆を盛り上げた後、「心で投票して。頭で投票して。精神で投票して。魂で投票して。この国を救って、お願い」と、投票所へ行き一票を投じるよう呼び掛けた。


 マドンナは選挙期間中ずっとクリントン候補を支持しており、コメディアン、エイミー・シューマーのライブのオープニングを務めた際も選挙について話したり、ケイティ・ペリー同様ヌード姿で投票を呼びかけたりしている。



◎マドンナのサプライズ・ライブ
https://youtu.be/YmiwoYW9Gvs
https://www.facebook.com/Billboard/videos/10154720219604581/


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい