ジャスティン・ビーバーがパブでサプライズ・パフォーマンス、ビートルズやベートーヴェンをピアノ弾き語り(映像あり) 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャスティン・ビーバーがパブでサプライズ・パフォーマンス、ビートルズやベートーヴェンをピアノ弾き語り(映像あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ジャスティン・ビーバーがパブでサプライズ・パフォーマンス、ビートルズやベートーヴェンをピアノ弾き語り(映像あり)

ジャスティン・ビーバーがパブでサプライズ・パフォーマンス、ビートルズやベートーヴェンをピアノ弾き語り(映像あり)

 ジャスティン・ビーバーが、現地時間2016年11月4日にカナダ・トロントのとあるパブ、フィフス・パブハウスで、サプライズ・パフォーマンスを行ったと、TMZが報道した。


 報道によると、ジャスティンは同パブで一人でお酒を飲みながらラプターズ戦を観戦しており、その後パブのピアノでサプライズ・パフォーマンスを決行。


 自身の楽曲「Sorry」をはじめ、ビートルズの「Let It Be」、ワンリパブリックの「Apologize」などをカヴァー、さらにはベートーヴェンの「エリーゼのために」をピアノで演奏している。



Photo: WireImage


◎Full Justin Bieber performance playing piano at Fifth Pub House
https://youtu.be/0m6o6EczS0o


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい