化学反応を外して…ジャック・ホワイトの素顔が浮かび上がる『アコースティック・レコーディングス』(Album Review)

2016/11/07 11:15

 ジャック・ホワイトが今秋リリースした『アコースティック・レコーディングス 1998-2016』は、表題どおりにザ・ホワイト・ストライプスからザ・ラカンターズ、そして2010年代のソロといった彼のアーティスト・キャリアから、アコースティックという切り口で楽曲をセレクトしたコンピレーション作品だ。アコースティック作品としての性格を引き出すための新ミックスが施された楽曲もあり、リード作品として「Love is the Truth (Acoustic Mix)」(ジャック・ホワイト)と「City Lights」(ザ・ホワイト・ストライプス未発表曲)の両A面7インチもリリースされていた。

あわせて読みたい

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】ジェイソン・アルディーンが3作連続のNo.1デビュー、バスティルは初登場4位

    【米ビルボード・アルバム・チャート】ジェイソン・アルディーンが3作連続のNo.1デビュー、バスティルは初登場4位

    Billboard JAPAN

    9/21

    ジャック・ホワイトが新曲MV公開! 新作LP盤に奇妙な隠しトラックあり

    ジャック・ホワイトが新曲MV公開! 新作LP盤に奇妙な隠しトラックあり

    Billboard JAPAN

    6/5

  • 『7月9日はなんの日?』米ロック界の重要アーティスト、ジャック・ホワイトの誕生日

    『7月9日はなんの日?』米ロック界の重要アーティスト、ジャック・ホワイトの誕生日

    Billboard JAPAN

    7/9

    奇才ジャック・ホワイトの新作に意表をつかれた
    筆者の顔写真

    小倉エージ

    奇才ジャック・ホワイトの新作に意表をつかれた

    週刊朝日

    4/27

  • アーランド・オイエ 11年ぶりのソロ・アルバムと共に3月に来日

    アーランド・オイエ 11年ぶりのソロ・アルバムと共に3月に来日

    Billboard JAPAN

    1/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す