ポルノグラフィティ史上初のチャレンジも! 野外ライブ【横浜ロマンスポルノ’16】放送決定

Billboard JAPAN

 2016年9月4日に開催された、ポルノグラフィティの野外ライブ【横浜ロマンスポルノ’16 ~THE WAY~】が、10月29日にWOWOWで放送される。

ポルノグラフィティ ライブ写真


 2006年を皮切りに4度目の開催となった野外ライブ。およそ3万人の熱い視線がステージに注がれるなか、岡野昭仁(vo)と新藤晴一(g)は客席側から姿を現し、客席の中央に設置されたセンターステージで「ハネウマライダー」を2人だけのアコースティック演奏で披露。そのままパーカッションとキーボードを加え、「サウダージ」から「アゲハ蝶」へ。ライブを勢いづける掴みの5曲を、あえてじっくりと聴かせるという斬新な構成はポルノグラフィティ史上初のチャレンジだった。


 静かにはじまりを告げたライブはバンドサウンドが加わった「敵はどこだ?」から一気にヒートアップ。時代のリアルを衝動的に描いた「2012Spark」、ミステリアスで抒情的なロックナンバー「ミステーロ」、披露される楽曲は様々な時代を縦断していく。MCでは前日の大雨を受けて「晴れたよ!」と、会心の笑顔を見せた岡野。自他ともに認める雨バンドらしく「晴れたときのMCがわからん(笑)」と言って、新藤も笑いを誘った。


 ライブの中盤には、メンバーが革ジャンを着たロックンローラーなスタイルで「ヒトリノ夜」と「Mugen」をロカビリー調のアレンジで披露。そこからは「Ohhh!!! HANABI」、ステージに炎が噴射された「オー!リバル」、およそ3万人の“変な踊り”が壮観だった「ミュージック・アワー」と怒濤のクライマックスへ向かい、「THE DAY ~THE WAY ver~」で締められた。岡野が「新たな道を照らしてくれるのは、ここにいるみんなです!」と言うと、オーディエンスの手首に光るシンクロライトが作り出した“THE DAY”の文字。最後の力を振り絞って届けた攻撃的なロックナンバーには、新たなバンドの進化を約束するポルノグラフィティの決意が込められていた。


 鳴りやまない歓声と拍手に応えたアンコールでは、11月9日にリリースされる新曲「LiAR」やライブの締めくくりには欠かせない「ジレンマ」のほか、ダブルアンコールではステージ後方のサブステージから「ダイアリー 00/08/26」まで全4曲を届けた。


 なお、WOWOWでは2015年12月22日に開催された【14thライヴサーキット “The dice are cast”】も、10月28日に放送される。




◎WOWOW『ポルノグラフィティ 横浜ロマンスポルノ'16 ~THE WAY~』
2016年10月29日(土)夜6:00[WOWOWプライム]
収録日:2016年9月4日(日)
収録場所:神奈川・横浜スタジアム


◎WOWOW『ポルノグラフィティ 14thライヴサーキット “The dice are cast”』
10月28日(金)夜7:00 [WOWOWライブ]
収録日:2015年12月22日(火)
収録場所:大阪・大阪城ホール

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック