【ビルボード】宇多田ヒカル、『君の名は。』に続いて総合AL4連覇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】宇多田ヒカル、『君の名は。』に続いて総合AL4連覇

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】宇多田ヒカル、『君の名は。』に続いて総合AL4連覇

【ビルボード】宇多田ヒカル、『君の名は。』に続いて総合AL4連覇

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”は、トップ10内に初登場タイトルが7つも入るフレッシュなチャートになった。しかしそれでもトップ2は先週同様1位が宇多田ヒカル『Fantome』、2位はRADWIMPS『君の名は。』となり、ロングヒット中の2タイトルが存在感を発揮し続けている。


 『Fantome』は、セールス1位、ダウンロード1位、ルックアップ1位と全指標で1番の数字を上げて、文句なしの4連覇を達成。いまだ高ポイントをキープしており、『君の名は。』が成しえなかった5連覇への期待がかかる。そしてその『君の名は。』は、セールス6位、ダウンロード2位、ルックアップ2位として総合2位を維持。この2作品のように、CDリリース以降、上位にチャートインし続けるにはダウンロードとルックアップが鍵になることがわかる。


 トップ3最後は、藍井エイル『BEST –E-』。同時にリリースされた『BEST –A-』は5位となった。そしてその間に入ったのは、CNBLUE『EUPHORIA』。CDセールスでは藍井エイルの両作に及ばなかったが、ダウンロードとルックアップでポイントを積み上げて4位にチャートインした。また、今週トップ10内の唯一の洋楽タイトルが、レディー・ガガのニューアルバム『ジョアン』。CDセールスでは11位だが、ダウンロードでポイントを稼いで総合7位に。このアルバムのプロモーションのために緊急来日も決定しているので、その影響がチャートにどう表れるかに注目したい。


◎【Hot Albums】トップ10
1位『Fantome』宇多田ヒカル
2位『君の名は。』RADWIMPS
3位『BEST –E-』藍井エイル
4位『EUPHORIA』CNBLUE
5位『BEST –A-』藍井エイル
6位『woman's』My Hair is Bad
7位『ジョアン』レディー・ガガ
8位『Σ』REOL
9位『EXTREME BEST』EXILE
10位『フレデリズム』フレデリック
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい