アデル公演で手書きの紙吹雪が舞う……恋人から愛のメッセージ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アデル公演で手書きの紙吹雪が舞う……恋人から愛のメッセージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アデル公演で手書きの紙吹雪が舞う……恋人から愛のメッセージ

アデル公演で手書きの紙吹雪が舞う……恋人から愛のメッセージ

 アデルが10月16日に行ったナッシュビル公演の終わりに、手書きのメッセージが書かれた紙吹雪が観客席に撒かれた。長年の恋人サイモン・コネッキーが2人の交際5周年を祝して贈った、甘い愛のメッセージだったようだ。ピープル誌が報じている。


 通常はショーの終わりに「ローリング・イン・ザ・ディープ」と「ホエン・ウィ・ワー・ヤング」の歌詞が書かれた紙吹雪が撒かれるのだが、代わりに“君はエンジェルだ”、“ずっと愛してるよ”、“記念日おめでとう”、“愛してる”などといった手書きのメッセージを添えたピンク色の紙吹雪が会場を舞ったという。


 会場にいたあるファンがこの特別な瞬間をとらえ、ツイッターに掲載。収集したピンク色の紙吹雪の写真と共に、「自分の紙吹雪を探していたら別のピンクのものがあって、ハートと光の環(Halo)をつけて“君はエンジェルだ”と書いてある」、「誰もにサイモンがひとり必要だわ」などと綴っている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい