エミネムが新アルバム制作! 政治色の濃い新曲を公開

Billboard JAPAN

 エミネムが10月19日、ニューアルバムの制作に取り組んでいることを2,080万人いるツイッター・フォロワーに向け明らかにした。また、このスペシャル・アナウンスと同時に、シリウスXMラジオにおけるエミネム・チャンネル“Shade 45”の番組『Sway in the Morning』にて、政治色の強い新曲「Campaign Speech」がプレミア公開された。


 同曲で自身を“Chuck Norris with a thesaurus(類語辞典シソーラスを手にした米俳優・社会活動家のチャック・ノリス)”と例えているエミネムは、米国警察の残忍行為を批判。また、バックトラックのないおよそ8分の同フリー・スタイル・ラップでは、国歌斉唱を拒否した黒人NFL選手のコリン・キャパニックや、米大統領選のドナルド・トランプ共和党候補などの名前もあげており、「もし俺が大統領だったら、職に就いた時点で退くのが最初の仕事」などとラップしている。


 エミネムの新曲「Campaign Speech」は、現在YouTubeでも公開されている。




◎Eminem - Campaign Speech
https://www.youtube.com/watch?v=ZvqYabGI6HQ

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック