トロイ・シヴァン、“カミングアウトデー”に同じ境遇の人へアドバイス 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トロイ・シヴァン、“カミングアウトデー”に同じ境遇の人へアドバイス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
トロイ・シヴァン、“カミングアウトデー”に同じ境遇の人へアドバイス

トロイ・シヴァン、“カミングアウトデー”に同じ境遇の人へアドバイス

 カミングアウトしたレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々を称える記念日“National Coming Out Day(カミングアウトデー)”だった10月11日、自らゲイであることを公表しているシンガーソングライターのトロイ・シヴァンが、自身のセクシュアリティと闘う人に向けてメッセージを贈った。

その他 関連画像など


 シヴァンはローリングストーン誌のサイトにビデオを寄せ、少年時代の自分と同じ境遇にある人にアドバイスを届けている。


 「まず最初のステップは、これが一番大変なんだけど、自分自身にカミングアウトして自分がどういう人なのか認識し、自分の新たな正体もしくは新しくはないけど自分が認識している正体を知って、それに向き合うことだと思う」


 シヴァンいわく、誰もがカミングアウトしたがるわけでも、する必要があるわけでもないが、彼がそうしようと決断し、無理のない環境でカミングアウトしたことは、“これまでの人生でしたベストなこと”だったという。


 また、シヴァンはレコード契約をする前に告白したのは、カミングアウトしないよう誰かに命じられることを避けるためだったと説明している。


 「誰にもそういった権限を持たせたくなかったんだ。おかげでその日からは、完全に正直に音楽を作ることができるようになった。ミュージシャンとして、専門職としてずっと疑念を抱いてきたことだった。実際に自分にとって本物の音楽を作り、自分が歌いたい人たちのことを歌えるのだろうかってね。だから僕にとってはキャリア的に重要な機会でもあったんだ」と話している。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい