トニ・ブラクストン、侵食性の皮膚病変の治療で入院していた

2016/10/05 18:15

 トニ・ブラクストンが狼瘡(ろうそう/侵食性の皮膚病変)のため入院していたことが明らかになった。彼女のスポークスウーマンいわく、ロサンゼルスの病院で治療のため数日間入院していたものの、現在は自宅にいるそうだ。

あわせて読みたい

  • トニ・ブラクストンが再び入院、予定していた公演を延期

    トニ・ブラクストンが再び入院、予定していた公演を延期

    Billboard JAPAN

    10/17

    オンライン診療恒久化へ 医師は画面だけでどこまで診断できる?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    オンライン診療恒久化へ 医師は画面だけでどこまで診断できる?

    dot.

    10/30

  • トニ・ブラクストン、BMIプレジデント・アワード受賞へ

    トニ・ブラクストン、BMIプレジデント・アワード受賞へ

    Billboard JAPAN

    7/14

    薬の副作用で皮膚がかゆくなる、赤いブツブツができる… 放置してはいけない重症化する症状は?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    薬の副作用で皮膚がかゆくなる、赤いブツブツができる… 放置してはいけない重症化する症状は?

    dot.

    11/22

  • 「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?

    dot.

    11/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す