トップを走り続けるサウンドセンスに脱帽!カルヴィン・ハリスが自らヴォーカルを務めた意欲作「マイ・ウェイ」(Song Review)

2016/09/20 11:13

 リアーナと再タッグを組んだ新曲「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」が、アメリカで3位、UKでは2位、オーストラリアやカナダでは、No.1をマークしたばかりの、カルヴィン・ハリス。EDMのブームが衰退し始め、彼の存在も危ぶまれるかと思いきや、独特の感性で“今風”に仕上げ、シーンのトップに居座り続ける彼のサウンドセンスには、脱帽する。

あわせて読みたい

  •  【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズが首位を死守!カルヴィン・ハリス/ザ・ウィークエンドら注目の新曲は何位デビュー?

    【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズが首位を死守!カルヴィン・ハリス/ザ・ウィークエンドら注目の新曲は何位デビュー?

    Billboard JAPAN

    9/28

    カルヴィン・ハリス、『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol.1』がゴールド認定

    カルヴィン・ハリス、『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol.1』がゴールド認定

    Billboard JAPAN

    10/19

  • YouTubeで最も再生されたダンス・ミュージック・ビデオは?

    YouTubeで最も再生されたダンス・ミュージック・ビデオは?

    Billboard JAPAN

    10/19

    【ビルボード】ザ・チェインスモーカーズ&ホールジーが洋楽チャート1位に返り咲き、注目のS・メンデスが初エントリー

    【ビルボード】ザ・チェインスモーカーズ&ホールジーが洋楽チャート1位に返り咲き、注目のS・メンデスが初エントリー

    Billboard JAPAN

    9/28

  • 【ビルボード】TOP3停滞の洋楽チャート、初登場した5H&ザ・ウィークエンドの新曲に注目

    【ビルボード】TOP3停滞の洋楽チャート、初登場した5H&ザ・ウィークエンドの新曲に注目

    Billboard JAPAN

    10/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す